読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

QuietComfort 35 のノイズキャンセリングを耳栓として使う

些細な物音でも集中力が削がれるのが悩み。耳栓は試したことあるけれど、あまり効果が無いし、装着方法も難しいし、装着時に手で触るので不衛生だし、と微妙だった。

そんな時に、別件で調べていた高級ヘッドホン QuietComfort 35 が「ノイズキャンセリング」なる機能を持つと知る。こいつが耳栓代わりになってくれるのではと期待。

f:id:botibotti:20170325091638j:plain

※注: 音楽を聴く用途は試してないので音質などのレビューは書いてません。

ノイズキャンセリング

そもそもノイズキャンセリングとは何なのか。

その名のとおりノイズ(雑音)をキャンセル(無効化)するもので、仕組みとしては、ヘッドホンが周囲の雑音を拾い、それらを打ち消す音を発生させることで実現しているみたい。

QuietComfort 35 購入

BOSE の公式サイト から通販で購入。

お値段は 39960 円。気軽に手を出せる値段じゃないけど、私は(元々音楽を聴く趣味はないけど)高級ヘッドホンを試してみたかったので、えいやでポチッ。

QuietComfort 35 はどんなヘッドホン?

ずらずら書くよ。

BOSE 社製の高級ヘッドホン。お値段などは上記のとおり。

ワイヤレス(Bluetoothで繋ぐ)タイプ。使い方としては、(1)QuietComfort 35の電源を入れて、(2)接続先デバイスQuietComfort 35を認識させる、の二段階が必要。(2)については初期設定をすれば、あとは自動認識できる。

ノイズキャンセリングは自動的に発動する。電源を入れたら、即発動する。つまり 音楽を聴かなければノイズキャンセリング用装置 として使える。

付け心地も悪くない。頭を覆う弧(名前わからん)の長さは微調整できるし、耳あてもゆとりとクッション性があって、優しく包み込んでくれる。締め付けもきつくない(ただし虫歯を持つ私は少々アゴに響く感じがある)。

バッテリーの持ちは良い。測ってないけど、ノイズキャンセリングだけの使用なら10時間くらいは持つかも?(今まで数時間は使ってるけど未だに音声アナウンスは「充電、100%デス」)

充電は専用USBケーブルでPCと繋ぐ。ケーブルが短すぎるのが不便で、充電中はPCのそばにヘッドホンを置かざるをえない。邪魔である。

携帯性にも優れている。まずヘッドホン本体は折りたためるし、専用ケースもある。ケースは縦横はジャンプやマガジンのマンガ本くらい、厚さは握り拳くらいのサイズで持ち運びやすい。

総合すると、さすが高級だけあって随所が優れている。

QuietComfort 35 を使えるようにする

とりあえず愛用の Windows7 で使えるようにしたかったけど、残念ながら無理みたい。

その辺の奮闘記は以前書いた (※ちなみに充電は問題無く行えた)

じゃあ何なら使えるのかって話だけど、「Made for(●●のためにつくられました) iPod iPad iPhone」とパッケージに書いてあったのでこれら三つは問題ないだろう。あと、Android のアイコンも書いてあったので、たぶんいける。

Windows はそもそも微妙みたい。調べてみても「動作しねえぞコラ」的な英語サイトが多数ヒットする。日本語情報はほとんどない。

そんな中、私は 「MacBookAir」で試してみて、無事使えることを確認。手順としてはこんな感じ。

  • 1: システム環境設定 > Bluetooth を開く
  • 2: Bluetooth の機能を「切」から「入」にする
  • 3: QuietComfort 35 の電源を入れる
  • 4: MacBookAir 側で表示が「接続済」に切り替わるはず

というわけで、QuietComfort 35 を使いたいなら以下を参考に。

  • iPod, iPad, iPhone → 試してないけどパッケージにも書いてるからイケるはず
  • Android → 試してないけど、パッケージにアイコン描いてあるし、たぶんイケると思う
  • MacBookAir → 私の方で動作確認できた。問題無いはず
  • Windows → 私は挫折した。詳しい人、物好きな人はチャレンジしてもいいかも

で、ノイズキャンセリングの実力はどうだった?

スイッチを入れると、早速ノイズキャンリングが発動する――想像以上の効果だった。今まで使ってきたどの耳栓より優秀だと思う。

ザワザワしていた喧騒が、ウソのように止んだ。手元のキーボード打鍵音も軽減されている。一方で、至近距離で話しかけられた声は普通に拾える。

別の言い方をするなら、遠距離・中距離、あるいは壁越し床越し天井越しの雑音をまるっとカットしてくれる、けれど すぐそばにいる人の声はあまりカットされない という感じで、中々賢くカットできているなと感心した。

ノイズキャンセリングの実力: 自宅

最大の悩みは家族が発する騒音だった。

隣部屋の姉妹は、どちらも音楽がお好きで、よく音が漏れたり鼻歌が聞こえてきたりする。階下の両親は、デフォルトで声が大きいのと、高齢で耳が遠いからかテレビ音量も大きいのと、あとはすぐに小言や口喧嘩が勃発するのとで、テレビはなんかシャカシャカ聞こえてくるし、会話に至っては丸聞こえという状態。

これが、QuietComfort 35 を用いたら、あら不思議、ほぼ全部カットされた。さすがに大声まではカットできないようだが、それでも何かに集中してた時に阻害されるほどではない。

早速難しめのラノベ(余談:魔法科高校の劣等生です)を読んでみたんだけど、一度も害されることなく読み進められた。ノンストップで全部読めたのは久々だ。

これだけでも QuietComfort 35 は相棒決定である。

ノイズキャンセリングの実力: マクドナルド

屋外ということでマクドナルドでも試してみた。

QuietComfort 35 のスイッチを入れる。店内のザワザワが消えた。が、すぐ前の席に座る子どもたちのはしゃぎ声と、隣席で女の子が遊んでるゲームのバキュンとかダダダダとかいった音――つまりは隣接する対象からの音まではカットされなかった。

なんていうか、ザワザワという BGM が消え、隣接対象からの音のみが残っているような状態。「この世界に存在するのは私と、その隣のガキ達だけ」みたいな、そんな錯覚をしてしまいそう。

早速ブログ執筆に取り掛かる。1.5時間ほど集中できた。私はレストランやフードコートの喧騒は気にならないタイプだが、普段は1時間もしないうちに気が散っていたので、QuietComfort 35 の効果はあったと言えるだろう。

良いことばかりじゃないでしょ?欠点もあるでしょ?

そうです、欠点もちらほらありました。これもずらずら書く。

Windows で使えない。厳密に言うなら「充電はできる」「Windows側のBluetoothQuietComfort 35を認識しない」という感じ。Windows ユーザの私としては最大の欠点である。Windows で音楽流しながら作業したいんだけどなー。

PCやスマホが無いと使えない。たとえば外出先で使いたい場合でも、PCやスマホを持ち歩かなければならない。スマホ持ちなら問題ないんだろうけど、ガラケーマンの私としてはPCを持ち歩くしか選択肢がなくて、いちいちPCとセットで持ち歩くのはちょっと面倒くさいかなという印象。(まあ実はQuietComfort 35だけでも使えないことはないんだけど。詳細は後述)

圧迫感。これはQuietComfort 35というよりヘッドホン全般の問題だと思うけど、長時間装着し続けるとやっぱりしんどい。顔が締め付けられ続けることによる疲労、音楽を聴きすぎて耳が疲れたような感触、あと食べ物を食べると振動が異様に響いて不快など。長時間作業し続けたい場合は、慣れが必要なんだと思う。私はまだそこまで慣れてないかなぁ、せいぜい1.5時間。

余談: PCやスマホ無しでもQuietComfort 35を使う裏技

QuietComfort 35、ノイズキャンセリング機能を使うだけなら、実はPCやスマホがなくても使える。

手順としては簡単で、QuietComfort 35の電源を入れた後、5分以内のインターバルで音量変更ボタンを押す、これだけである。

元々 QuietComfort 35 は「5分以内にBluetooth接続先デバイスが見つからないと自動で電源オフする」んだけど、どうもボタンを押してやるとカウントがリセットされるみたいだ……ふむ。5分以内にボタンを押す、を繰り返すだけね。なるほど、たしかに簡単だ、簡単だけど めんどくせえ!

本当に、ただノイズをカットしたいだけなら百歩譲ってアリにしても、何か作業しながらだと辛い。少なくとも私は、何か作業しつつ、5分ごとにボタンを押せるほど器用じゃない。

おわりに

以上、QuietComfort 35 を耳栓装置として使う(ノイズキャンセリングのみ使う)お話でした。

要するに約4万円のデジタル耳栓なわけですが、今のところ使い勝手と効用には満足してます。長い相棒になってくれそうです。