ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

本は買う派。立ち読みもしないし借りもしない

理由は一つで 落ち着いて読みたいから

私は神経質なので、些細なことを気にしてしまい集中できない。

たとえば立ち読みだとこんな感じ。

  • 立ちっぱなしで疲れる → 疲労を感じたら集中削がれる
  • 人の邪魔にならないよう立ち振る舞う → 集中できない
  • 目の前の本棚に用事のある人が来たら、避けないといけない → 集中できないor削がれる
  • 立ち読みに対する罪悪感 → 集中できない
  • 他にも人や店員がいる → ラブコメでブヒブヒできない、ギャグでニヤニヤできない

また、図書館などで借りる場合だとこんな感じ。

  • 汚しちゃいけないというプレッシャー → 神経遣う → 集中しづらい
  • 期限以内に読みきらないといけない → 期限という名の強制力 → むりやり読ませる感(が心地良くない)

とにかく集中できない。楽しみづらい。

逆に、本を購入してしまえば、こういった問題からは逃げられる。自宅とか公園の東屋とかレストランの角席とか登山道とか、誰にも何にも邪魔されないスポットで堂々と読める。

今後も本を借りたり立ち読みしたりすることは(お金がなくなる or 技術書など一部例外を除き)無いと思う。