読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

今週のお題「カラオケの十八番」

今週のお題

今週のお題カラオケの十八番 だそうで。

カラオケ、好きですか?

今週のお題は 「カラオケの十八番」 です!

カラオケに行ったら絶対に歌う曲や自信のある曲、なぜかうまく歌える曲など、あなたの十八番を教えてください。これから十八番にしたい曲でもかまいません。たくさんの投稿、お待ちしております。

カラオケの十八番

誰もがカラオケに行くと思うなよ舐めてんのかゴルァ!?

『これから十八番にしたい曲でもかまいません』だ?それで我ら非リア勢に対処できたとても思ってんのか。後付けサクサク感丸出しじゃねーかよ。蝶野の奥さんじゃねーんだよこら(元ネタわかる人とは仲良くなれると思う)

……というわけで、十八番どうこうは無視して、あれこれ書くよ。

十八番

あ?18番ってなんやねん?

と思ったら、これ、「おはこ」と読むみたいだね。

常識知らずですかそうですか。カラオケ行かない勢はこんなもんだぜ。だよね?

カラオケは嫌いだ

私は音痴だ。その上、出せる音域が狭い。

実は私は、発音できない平仮名があったりするくらい、発音という行為が苦手(今更何言ってるんだ 苦笑)である。歌なんて論外。正直言って人間業には思えないくらい。

声変わりするまでは問題無かった(だからこそ音楽の授業は乗り切れた)。声変わりしてからだな、歌えなくなったのは。なんでだろう。コミュ症の才能があるのかもしれない。笑えない。

え?合唱祭?口パクの伝道師とは私のことです。相当苦労して作戦を練った覚えがある。体系化すれば、歌に悩む中高生さんに売れるかもしれない。面倒だからやらないけど。ごめんね。

え?カラオケ誘われた時はどうするか?大丈夫、誘われるような人脈は持ってない。昔も、今も、これからも、ね。……なんだその目は。笑うとこだぞ。

一度だけカラオケしたことがある

新卒で入社して、新人研修終えて、初めて部署に配属された時だ。

そう、新人歓迎会 である。私のために企画された会を断る勇気は、当時の私にはなかった……。

会の一部にはカラオケがあり、当然そこだけ断るわけにもいかず、歌わされることに。

あの時のことは今でも覚えている。

ほろ酔いしてヘラヘラしていたおじさん達が真顔になった瞬間 を、私は見逃さなかった。今でも覚えているぞ。何なら名前まで覚えてるぞ。

せめてもの救いは、歌い終えた後、数歳ほど離れた先輩女子社員(胸は小さいけど生足露出率が高い)が私の隣に座ってきてフォローしてくれたことだ。私は照れて落ち込むフリ(というか本当だったけど)をしながら、彼女の太ももを間近で見ていた。少しだけおったった。

彼女は今では結婚し、第一子も生んだ。ああ旦那さんが羨ましいンゴ。

おわりに

まさかカラオケという対象者限定のお題を出してくるとはねぇ。ふむふむ、そういうつもりなら、私とて容赦はせぬよ。対象外として、対象外なりの文章を書いてやるだけさわっはっは。