読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

会社にいる「むかつくおじさん」たち

かいしゃにはむかつくおじさんがたくさんいるよ。

汚じさん

以前詳しく書いた けど、その名の通り 汚いおじさん である。

ワキガなど臭いを発する人、アトピーなどで皮膚をかきむしって残骸をまき散らす人、平気で鼻や耳をほじっている人などが好例である。

実体験で言えば、ほじほじおじさんの先輩と一緒だったことがある。彼に仕事の相談をしていた時、彼はあろうことか、ほじった手で平然と私のマウスを操作(「こういうことだよ」と私のパソコンでデモンストレーションしようとした)しようとした。私は有無を言わさずそれを拒否。さすがに「そのほじった手で触らないでください」とは言わなかったが、彼には通じただろうか。

ともあれ、汚じさんは不快の権化なので、なるべく関わらない方が良い。トイレだって、彼らが使った個室は汚いので、私は違う階にわざわざ行っている。

インテリ無能おじさん

やたら役職が高く(少なくとも部長以上)、芸術など高尚な趣味を嗜んでおられ、教養もあるが なぜか仕事は無能なおじさん である。

彼らは二種類に分類できて、

  • 会社やチームに全く興味がなく、向上心や使命感も持っていない人畜無害タイプ
  • 見当違いの施策などを振ってくる真面目な無能タイプ

特に後者の真面目な無能タイプが厄介。しばしば現場をかき乱す。ヒラ社員ならまだマシなものの、彼らの直下に属する課長さんや部長さんは、よく振り回されていて、本当に大変そうである。

彼らがなぜそこまで昇進できたのかが不思議で不思議で仕方がない。

イエスおじさん

上からの指示に対して イエスしか言えないおじさん

このおじさんが上司になると災難である。イエスおじさんは無理ゲーの仕事も引き受けるので、必然的に無理ゲーを振られることになり、そうなると後は残業地獄からの「結局できませんでした」からの叱責からの反省会、という不毛な地獄が待っている。

「無理ですよね。断りましょうよ」的なアドバイスをしても聞く耳をもたない。見積もりなど数値を出してもダメ。責任感がどうとかほざくけど、結局は自分の保身のためだろ。断ったら評価が悪くなるから断らない。

一人でそうするのは勝手だけど、部下やチームを巻き込まないでたも。

ふーふーおじさん

やたら ため息の多いおじさん である。

老人の「よっこいしょ」並、あるいはそれ以上の頻度で「ふぅ」「フゥーッ」「ふーーーー」などとため息を吐く。ひどい人だと席を立ったりトイレ出たり階段登り降りしたりなど移動の度に吐く。ピコピコハンマーで頭を殴りたいくらいにうっとうしい。

はあはあおじさん

息遣いがやたら荒いおじさん である。

トイレで隣になった時など、荒い息が聞こえてくる。己は何に興奮してるんだ?と疑いたくなるレベルで荒い。

何かの病気だったら仕方無いけど、もしただの運動不足だというのなら、もう少し運動した方がいいと思います。

個室おじさん

トイレで小便器を使わず 必ず個室を使うおじさん

なんだろ。小便器使うのが恥ずかしいのかな。私は包茎の短小だけど堂々としてるぜ?

別に人の使い方にいちゃもんつけるつもりはないけど、個室が混んでる時に使うのはやめてほしいなあ。

堂々おじさん

小便器でトイレする際、普通のおじさんは便器に張り付くように前に出てムスコを隠すんだけど、堂々おじさんはそんなことしない。普通に見えてしまうくらいに、堂々としている。

堂々おじさんのムスコは、平均以上に大きいことが多い。自信があるのかもしれない。嫁さんは気持ち良い思いをしているのだろうか、そういえばこの人の嫁さん、可愛かったなぁ、あんな人とやってるのか……と、猛烈に嫉妬がこみ上げてくるので、(自分勝手だとはわかっているけれど)嫌いなのである。

爆弾おじさん

爆弾と言っても過言ではないほど 大きなくしゃみをするおじさん

心臓に悪すぎる。毎回ビクッとなりますがな。

耐えるのは難しいかもしれないけど、せめて手で口を抑えるなど静音の意思を見せて欲しい。ほんと心臓に悪いんですってば。

リズムおじさん

指で机をトントン、ボールペンをカチカチ、貧乏ゆすりでガタガタするおじさん。

隣席だったら殺意が湧くくらいにうざい。気が散るし、仕事乱されるし、と神経質な私には到底耐えられるものではない。この状況に陥った場合、私は遠慮無しに注意したり、その人の上司や上位上司にアプローチして、とにかく解消を試みる。過去も何回かあったかな。

子煩悩おじさん

こまめに子どもと電話してたり、デスクに写真を飾っていたり、Facebook やブログでも子ども自慢ばかり――そんな子煩悩なおじさんもいる。

有害ではないのだが、目障りで妬ましいし、何より不公平だ。

なんで子どもの写真がオッケーで、ロリキャラのイラストはダメなんだろう?別にいかがわしくないのに。同じロリだろうが!

子どもの写真だけ許されるという風潮。一部の趣味だけ優遇するというマジョリティ。ぼく、キライだな、そういうの。多様性を認めようぜ。ダイバーシティだろ?

中毒おじさん

仕事中毒(ワーカホリック)なおじさん

仕事仲間でなければ「同じ人間とは思えない」「あの人、いつ寝てるの?」と他人事で済むが、ひとたび仕事仲間になると牙をむく。特に厄介なのが上司で、 自分の中毒的献身を部下にも押し付けてくる から参ったもんだ。

管理業務や対外交渉についても、仕事中毒な自分を前提としているため 平気で残業前提のボリュームを受け入れる。それを押し付けられる部下としてはたまったものではない。

そんなに仕事したいなら一人でやってろ。

終わりに

会社員とは、日々むかつくおじさんに耐え、時には戦うことを生業としているのである。とほほ。