読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

ポイントカードの類は一切持ちたくない

だって 割に合わないもの

数パーセントにも届かないようなチンケな割引のくせに、図に乗りすぎなんだよ。

いいかい?ポイントカードには以下のような負担がある。

  • 常に持ち歩いてる財布の、貴重な領域を侵食しやがる
  • 会計時に提出する(いちいち財布から出す)のが面倒くさい
  • 会計時に店員さんに声掛けるのが面倒くさい

これらに見合うほどの価値――ポイントがあるかい?割引があるかい?ないでしょう!?

Q: 「貧乏になったらありがたみがわかるよ」

そうかな。耳くそみたいなポイントにすがらないと生きていけないようなレベルの生活って、ポイントにすがる前にやることがあるんじゃないかと私は思う。

ともあれ、ポイントカードの類は要らないのだ。むしろ邪魔だ。

……あ、えっとですね、両親の「ポイントカードつくるべきやろ」やら店員の「ポイントカードつくりますか?」がウザイので、私の意思を再確認したくてこのような記事を書いたのであります。

p.s. ポジティブなモチベーションとしては「断捨離の訓練になる」があるかもしれない。断捨離って「必要そうなもの」「なくてもまあ困らないもの」をいかに捨てられるかがポイントで、ちょっとトクをするポイントカードはまさにその対象になる。