読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

オナホールについてイメージを深めるために、簡単に調べてみた

オナホールという存在を知った。まずは勉強、ということで「イメージを深めるための調査」をしてみた。

オナホールとは?

いわゆるアダルトグッズの一つで、ムスコをぶちこんで気持ちよくオナニーするグッズのこと。射精まで行うことを想定している。

どんな種類があるの?

色んな分類がある。

『使い捨て』。一度使ったら捨てるタイプのものと、洗って繰り返し使うタイプのものがある。手軽に試したいなら使い捨てタイプ、しっかり楽しみたいなら繰り返しタイプ。使い捨てタイプでも、手でオナニーするよりは断然気持ち良いらしい。

『大きさ』。ムスコにかぶせるだけの小型タイプ、すっぽり収まる筒状タイプ、女体を模した大型タイプなどがある。また、ラブドール(人形)、おっぱい模型(おっぱいの間にムスコを挟めるよう機構がある)など変わり種もある。

『内部構造』。オナホールの本質と言ってもいい要素。突起や溝や深さ、広さなどパラメータが無限大。それゆえに多数のオナホが存在し、最高のオナホを探す旅は簡単ではない。その奥深さが魅力でもある。

『電動』。電動オナホールという分野もある。オナホールをセットして、スイッチを入れれば、自動で回転やら振動やらして刺激してくれるというもの。音楽プレーヤーみたいにスイッチがついてて、細かい挙動を調整できるようにもなっている。

どうやって購入するの?

主にネット通販。老舗サイトなら、お届け日時を指定したり、伝票に書く偽装用の品目を指定したり(「パソコン部品」と書くとか)、包装も厳重にしたり、と配慮も行き届いている。

あとは、調べてないけどアダルトショップ?みたいな店で買う手段もあると思う。

値段は?

使い捨ての安いタイプは一つ数百円、スタンダードな繰り返しタイプが数千円、高級なものだと一万円近くになる。大型タイプだと一万、二万と万単位。電動オナホもそれくらいする。

また、消耗品としてローションが一本数百円、パウダー(オナホにふりかけてベタつきを抑えるらしい)も同じくらい。

使い方

  • オナホをよく洗う
    • 構造上、臭いや液が滲み出ることがあるらしい
  • オナホにローションを入れる
    • 滑りをよくするためにもローションの使用は必須らしい
  • ムスコを勃たせる
  • ムスコをぶちこんで、楽しむ
  • 射精したら、オナホをよく洗って、拭いて、乾かす

要するにローションと洗浄が必須ってことか。

気持ちよさについて

身体的にはセックスや普通のオナニーよりも何倍も気持ちいい。比較にならないらしい。

しかし気持ちよさには精神的要素もあり、オナホではこれをいかに担保するかが肝。上級者になるとラブドールにコスプレをする。

とはいえ精神的要素は中上級者向けのやり込みであり、とりあえずは身体的刺激のみを楽しむだけでもアリ。病みつきになったら、普通のセックスやオナニーに戻れなくなる可能性もあるみたい。

オナホの保管について

一人暮らしなら問題無いが、実家勢だとバレた時のダメージが大きい。ばれないよう、いかに隠すかということはオナホ愛用者が通る壁 である。

ちなみに、オナホによっては、部屋に置いていても違和感のないようデザインの凝ったものもある。そういうものは普通に置いといても問題無い(確証はできないが)。

世界観を垣間見る

オナホについてレビューしているブログと、あとは通販サイトのレビュー(Amazonとかよりもアダルトグッズ専門の老舗サイトが良いかも)あたりを読むと、オナニスト達のオナホライフを垣間見ることができる。

皆さん、楽しんでいらっしゃいますなぁ。読んでると、下手なAVより興奮するかも。

Q: 楽しんだ後、ムスコはどうやって洗うの?

調べていてわからなかったことその1。

Q: オナホで遊んだ後、精液やローションでぐしょぐしょになったムスコはどうやって洗うの?

私は実家勢なので、任意のタイミングで風呂に入ると怪しまれてしまう。かといってティッシュで拭き取るだけでは足りない気がする(デリヘルの時はそうだった。がっつりお湯で洗いたい)。

うーん、どうなんでしょ。風呂入る直前に遊べってこと?あるいは、いっそのことラブホで挑戦してみた方がいいのかも。実家勢で楽しんでいる方も多数いらっしゃるみたいなのだが、みんなどうしてるんだろ。

Q: オナホのパッケージはどうやって処分するの?

調べていてわからなかったことその2。

実家勢がオナホを通販で買う際、伝票に偽りの品目名を書いたり、包装を厳重にしたりといった配慮がされるため、届いた時にバレるリスクはほとんどない。

けれど、いざ楽しもうと開封した後は、どうなんだろう。どうっていうのは 堂々と美少女イラストや「オナホール」と書かれたパッケージをどうやって処分するの? ってことだ。

直接ゴミ箱に捨てたら当然バレるし、よそのゴミ箱に捨てるわけにもいかないだろう。

生活力皆無なパラサイトシングルの身として想像すると、ゴミ処分の日の直前に、こっそり自分で捨てに行くくらいしか思い浮かばない。面倒くさそう。

おわりに

オナホール、色々面倒くさそうですが、楽しそうですね。

私はデリヘルでも女性をオナニー道具として扱うような淡白なタイプなので、身体的刺激に特化したオナホは向いているかもしれない、と思い手を出そうとしている。

期待どおりであることを願う。