読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

生涯社内ニートを目指すアラサーぼっちの日記

インフルエンザは生き地獄だった

日記 日常生活

人生初インフルエンザ(A型)でございました。

最初はただの風邪だった

先週末、風邪を引いた。

症状としては38℃の熱、頭痛、全身痛、寒気、軽度の吐き気、軽度の痰……これでも十分辛いし、会社も普通に休むレベルだが、まあ耐えられるレベル。

この時は「いつもの風邪だ。寝たら治る」くらいに思っていた。

甘かった。

生き地獄

二日目の昼頃から症状が悪化。

39℃の熱、激しい(たとえるならグァングァン)頭痛、激しい全身痛(というか 腰痛)、激しい悪寒、食事を通せないほどの吐き気、喉のイガイガ……。

え、これ何て拷問……?

まずベッドから動けない。動きたくない。休日でさえ早起きするような習慣人間の私が、全意識を振り絞っても「あームリぃ……」と諦めるレベル。

じゃあ寝てればいいじゃんと言われると、そういうわけにもいかなくて。

腰が痛えんだよ

ただでさえ全身痛で痛いのに、ずっと寝てるせいで腰にダメージが蓄積される。筋肉痛は好きだけど、あの心地よき痛みは一切無い。ただただ不快で、ねちっこくて、ちくちくしている。

もちろん何かをする余裕などない。マンガすら見れない。頭痛のせいで 何かを見ることすらしんどい。退屈嫌いの私が、一日中寝たきりになるという信じられない事態。

せめてもの救いは、なんだかんだ数十分~数時間の単位でちらほら寝れたことだろう。人間、身体的に辛いと簡単に寝れるものなんですね。目が覚めても依然として地獄だからただただ辛いんだけど。

月曜日、病院へ

午後、気力を振り絞って、かかりつけの内科に行ってみた。

人多すぎぃ……

10人は待ってる。「1時間くらいかかるかと」とのことなんで、先に診察券だけ提出して戻る。

1時間後、再び来店。

おい人数減ってねえぞ!?

……いや待て。名簿をチェックしてみたら、そこそこ減っている。それでも5人くらい残っているが……、…………仕方ない、待とう。このコンディションで何度も歩くのは正直しんどい。

それからは死んだ魚のようにひたすら待っていた。鼻水と喉がさほどやられてなかったのが不幸中の幸いだろう。痛みに耐えるだけなら割と得意である……というか、これが当たり前なんだろうな。待合室を満たしてる他のマスクマン達も、みんな無言で平然と待ってやがるし、なんか辛そうな病気患わってるっぽいジジイに至っては受付のおばちゃんと談笑してやがる。みんなパワフルだねぇ、いや私が弱いだけなのか。

ようやく番が来た。診察室へ移動。

インフルの検査を期待していたが、一向にしやがらない。形式的な診察ばかり。

で、最後になってしれっと「一応インフルの検査もできますが、しておきますか?」と来たもんだ。

なんだその言い方、もしかしてこれ、インフルじゃないの?これがインフルじゃなかったら、インフルってどれだけ辛いんだよ。子どもとか耐えられないだろ。

「お願いします」

即行でお願いすると、先生は長い綿棒を手に取った。

「これを鼻に入れます」

「え?」

気のせいだろうか。鼻に入れるって聞こえたよ?まさかそんな。わたしのはな、とてもでりけえと。いれること、ゆるされブフォッ!?

躊躇なく入れられる

大した痛みではないが、びっくりしすぎて涙が出た。こういう刺激、ホントに苦手なんだよう……。

綿棒タイムは数秒で終了。いったん待合室へ。

10分くらいして再び呼ばれる。

「95%の確率でインフルエンザA型(+)です」

100%とは言わないのか。無論、そんなことを尋ねる余裕もなく、正気保つのであっぷあっぷ。

ともあれ、人生初インフル。

お薬

書くの面倒だから割愛するけど、5種類くらい処方された。

それとは別に、インフルエンザのウイルスを殺す薬(三種類から選べるようになってた)ってのもあって、私は イナビル吸引薬 を選んだ。イナビルは、一回吸引するだけでオッケーというスグレモノ。他の二つは毎日飲まないといけなくて面倒くさそうだったんでイナビルにした。

イナビルは、薬局にて可愛い(オタサーの姫にいそうな感じ。声もアニメ声だった)薬剤師さんに教えてもらいながら、その場で吸引した。懇切丁寧に教えてくれたので、不器用な私でも吸引できた。薬剤師さんの唇も吸引したかったです

ちなみにお値段は、診察が2500円、薬も2500円、で大体5000円くらい。あ、3割ね。

地獄は続く

帰宅してからは寝たきりの生活が続く。マジで何にもする気が起きないし、気が起きたとしてもできない。妄想すらできないんだぜ。頭痛と全身痛と悪寒のトリプルコンボがこんなに強力だとはねぇ。

こういう時、パラサイトシングルで良かったと思う。両親は偉大です。一人暮らしだったら詰んでる。……あー、一人暮らしといえば、 社内ニートとして脱パラサイトシングルを目指そう、と掲げたばかり なのに。もう心が折れてしまったよ(苦笑)

食事もほとんど通らず。というか通そうとすればするほど吐き気が爆発関数的に増えてきて、チキンな私は嘔吐するのは絶対にイヤなのでかなり安全マージン引くしかなくて、で、ほとんど食べられないという。それでも両親がおかゆつくってくれたりしたので、少しは食べれた。

少しずつ回復していく

症状の推移はこんな感じかなぁ。

  • 1/30(Mon): 寝たきり
  • 1/31(Tue): 寝たきり
  • 2/1(Wed): 解熱した。吐き気も和らいだ。頭痛と全身痛(特に腰痛)と悪寒は継続。マンガとTAS動画で少しずつリハビリ
  • 2/2(Thu): 悪寒もだいぶ解消された。あとは頭痛と全身痛のみ。マンガ、TAS動画に加え、ブログ下書きも再開してみる
  • 2/3(Fri): 頭痛と全身痛も軽減、風邪の初期症状のレベルに。数十分の散歩を混ぜてみたり、古いゲームで遊んでみたり、とリハビリを継続
  • 2/4(Sat): ほんの少し頭がぼーっとするけど、たぶん完治。診断書も取りに行く。

今週中に治ってくれて助かった。来週から仕事頑張る。

おわりに

インフルエンザ、特に前半は、思っているよりもずっと辛かった。