読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

生涯社内ニートを目指すアラサーぼっちの日記

メモを書くのではなくヒントを書いておくのだと思えば捗る

仕事 ライフハック

メモとはとどのつまり「あとで読み返した時に(要件や文脈を)思い出すためのヒント」である。

そう割り切って、 「ヒントさえ書いておけばいいんだ」 と意識したところ、メモがずいぶんと捗るようになった。

具体的に言うと、

  • メモの文言をムダに長くしなくなって、メモに要する時間が減った
  • うっかり装飾にこだわってしまうのを防止できた
  • 思い出す必要性が無い時でもメモするというムダ行為を無くして、聞く事に集中できる機会が増えた

といったことが起きた。まあ定量的に比較したわけじゃないけど、体感的に捗ってきたという実感がある。

p.s. メモ――ちょっとネットで調べてみたら、中々に奥深い世界みたいだ。しばらくはネットサーフィンで退屈せずに済みそう。あわよくば、もっと賢くメモ取れるようになりたいかな。私は物覚えが悪いのでメモは外せないのだ。