読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

生涯社内ニートを目指すアラサーぼっちの日記

「誰と楽しみたいか」よりも「何を楽しみたいか」な人

人生

重要なのは「誰と楽しむか(WHO)」か。それとも「何を楽しむか(WHAT)」か。

私は誰もが WHAT を選ぶと思っていた。だからこそ、いつも疑問が生じていたのだろう。

一人ディズニーランド

遊園地として名高い東京ディズニーランド。私は一人で遊びに行ったことがある。

正直言って楽しくなかった。

確かに世界観の作り込みは丁寧で、小説用の取材としては申し分なかったが、所詮は遊園地だった。

待ち時間は数十分、下手すれば時単位と長いし、アトラクションも「まあこんなもんか」だし、食べ物も特別美味しいわけではない。パレードも、ファンシーな車とキャラが元気良く動き回ってるだけ……。なのになぜ、どいつもこいつも楽しそうなんだ?なぜ?

WHO を大切にする、という価値観

こんな私でも、次第にピンと来て、ついには確信した。

こいつらは WHAT を求めてるんじゃない。WHO を求めてるんだと。 こいつらにとって肝心なのは何を楽しむかではなく、誰と楽しむか なのだ。むしろ WHAT は、WHO を引き立てる脇役でしかない。

思えば飲み会もそうだ。重要なのは飲食物の味でもボリュームでも栄養バランスでもなく、参加者で集まって喋るということにある。それを、あろうことか、私はいつも飲み食いしてばかりいた。みんなが雑談している中、一人だけ歩き回って、食べまわっていた。

疑問は氷塊した、じゃあ私も WHO を楽しもう

なるほど。WHAT ではなく WHO を選べば、私も楽しめるのか。

ここまではわかった。でも、どうやって?具体的にどうやって楽しめばいいかさっぱり見当がつかない。

何度か以下のようなことを訊かれたことがあるけど、

「この人となら一緒にいたいって人はいないのか?」

いない。だってジャマだろ。何事も一人で楽しんで没頭するに限る。誰かいたら会話しなきゃいけなくて没頭できねえじゃん。本は黙って読めよ、テレビも映画も黙って読めよ、最中は一言ですら話しかけてくんじゃねえ。

私はそういう人間だ。……あー、これはまだ WHAT しか見てないね。

んー、ムズイ。WHO を楽しむってどういうことなんだ?人という名の WHAT を楽しむってことなのか?……なんか禅問答みたくなってきた。

おわりに

WHO を楽しんでる、幸せそうな奴ら。

私も同じ思いがしたいが、先はまだまだ長そうだ。

もしかしたらぼっちとは、WHO よりも WHAT を重視する人のことを指すのかもしれない。