ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

罰の及ばぬ法に価値はない

残業に対する規制は厳しくなってるけど、残業に苦しむ社会人は減らない。

うちの会社でも、表面上は「法律違反なので事前申請しましょう」「許容時間越えるのはやめましょう」と啓蒙しているだけで、実態はあまり守られていない。

なぜだろう?

原因は一つ。罰されないからと思う。

罰されなければダイジョブダイジョブー♪というノリは、社会にも広くはこびっている(という所感)。特に仕事は何としてでも結果を出さないといけない世界なのでなおさら。

もし、

調査機関「抜き打ち調査でーす」

調査機関「違反があったので上司に責任取らせてくださいね?

お偉いさん「上司さん、責任取ってもらいます。クビね」

みたいな仕組みがあったとしたら、残業はピタリと止むと思う。

まあこれは極端な例だけど、もうちょっと罰則を強化してほしいなあとは思う。

社会は思っている以上にずっと黒い。深淵である。多少の光では照らすことなどできやしない。