読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

生涯社内ニートを目指すアラサーぼっちの日記

むかつくのは消費時間量ではなくペースを乱されたという事実

ぼっち

前の歩行者が遅くてイライラする。社内サーバーが重くてイライラする。バスでチャージ忘れたバカがあたふたしていてイライラする。コンビニでノロマな老人がレジでノロマしてるのにイライラする……

日常生活ではイライラしてばっかりだ。

こんな私に対し「たかが数秒、数十秒だろ?」と人は言う。

違うぞ。私が問題にしているのは消費した時間ではない。

ペースを乱されて気分を害される のが問題なのだ。

ピンと来ないなら、自動車の運転を思い浮かべてもらいたい(自動車乗ってない人はスミマセン。まあ私も乗ってないけど)。

青信号になったのに、前の車が発進しなかったらどうか。たとえ10秒であっても、イライラするのではないか。クラクション鳴らすのではないか。

そういうことなのだ。

……まあ、私がその自動車でたとえられるような手段を多数抱えてるのが問題なんだろうけどね。なんたってぼっちですから。ぼっちは自分に最適なやり方をたくさん考案して、どんどん実践して快適にしていく生き物である。そういう生き方を積み重ねた、エゴモンスターなのである。

今日も私はイライラしながら街を歩く。仕事をする。