読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

生涯社内ニートを目指すアラサーぼっちの日記

大人用キックスケーター(キックボード)を3種類試したのでレビューする

キックスケーター(キックボード)

遊びや移動手段としてキックスケーター(キックボードともいう。※1)を始めた。

どうせなら大人用で、かつ性能が良いものを使いたい……となると選択肢はかなり限られてくる。とりあえず3種類ほど試したのでレビューする。

※1 日本キックスケーター協会 によると「キックスケーター」が国内における正式名称。「キックボード」と「キックスクーター」は商標登録された言葉みたい。

Micro Rocket(マイクロロケット)

マイクロスクーター・ジャパン マイクロスクータ製品:ティーン~大人用:マイクロ・ロケット スイスデザインの高品質キックボード

マイクロスクーター社は、クールなデザインと豊富なラインナップが特徴。国内については「マイクロスクーター・ジャパン」が代理店となっており、上記公式サイトからオンラインで購入できる。

マイクロロケット は、数あるラインナップの一つだが、 ホイール(タイヤ)の幅が広くて安定感がある のが特徴。つまりバランスを取りやすいということ。初心者には適してるかな、と思って今回買った。お値段19800円。

試してみたら、うん、たしかに安定感があって、初心者には適してる感じ。反面、スピードや伸び(慣性だけでどれだけ進むか)は、他の2つと比べると若干劣るし、走行音も少しうるさい。まあ、大差というほどではないので、最初に遊ぶ分には問題無いと思う。

折りたたみは、ボタンプッシュでハンドルをたためるのと、ハンドル自体も外せるのとで好感触。3つの中では一番やりやすい。

見た目もクールなので、おしゃれアイテムとしても使えるんじゃないかな。

JD RAZOR MS-185B

JD Razor MS-185B

JD RAZOR も、日本では数少ないキックスケーター代理店の一つ。

マイクロスクーターみたいなおしゃれさは無いものの、無難でバランスの良い品質を保っているという印象がある。

JD Razor MS-185B は、JD RAZOR の中では高級な部類。お値段は16000円。私はヨドバシカメラの通販で買った。

こいつの特徴は8インチ(20cm)ホイールと前輪ブレーキだろう。

8インチは、大人用キックスケーターとしてはおそらく最高サイズ。長い方がスピードも出るので、まあ JD Razor MS-185B もスピードは出る。Micro Rocket より速いし、伸びもある。また、タイヤもそこそこ細いからか、走行音も結構小さい。整った道路なら、日中であれば住宅街を走っても迷惑にならないレベル(夜はキツイかも)。

前輪ブレーキについては、正直言って飾りかなぁ。少なくとも自転車みたいにピタッと止まれるほどの性能はない。私も前輪ブレーキは全く使ってない。まあ、キックスケーターはそういう乗り物(そもそも急ブレーキを前提とする走り方そのものが危ない)だから特に気にしてないけど。

たまーにだけど、前輪ブレーキのケーブルとかがちょっとジャマに感じる時がある。特に私はこいつをメイン機にしていて、ライトとチェーンロックも付けているのだが、チェーンロックを巻きつけておく際にケーブルがジャマになる。ちょっとした不満。今は、チェーンロックをポケットやリュックに入れることで対処してる。

見た目のカッコよさは、マイクロスクーターには劣る印象。まあ私はおしゃれとか気にしないタイプなんで気にしてない。

唯一、惜しいのが折りたたみ。 ハンドルを折りたたむ時に使うレバーが固くてイライラする 。いける時は1秒でいけるんだけど、いけない時は1分くらい苦戦する。法則性が未だにわかりまへん。私は移動手段として使っているので、店内に持ち歩く時とか外に止める時など折りたたむ機会が多いだけに、ちょっとマイナスですな。

xootr MG

Mg (Magnesium) - Adult Kick & Push Scooters

xootr はアメリカの老舗 Xootr LLC のキックスケーター。英語読める人は、公式サイトを見ればわかるとおり情報が豊富であり、ベテランの風格がにじみ出ている。パソコンでたとえるなら Apple みたいな感じ。組み立ても全部自社完結してるみたいだしね。

xootr は、国内でもキックスケーターとして最高峰と言われている。昔は xootr.jp という日本代理店が存在したが、今は存在しない。公式に問い合わせてみても「日本ディーラー(代理店)はありませんよ」と返ってきたので、 買いたいなら上記公式サイト(英語)から頑張る しかない。私も頑張って格闘した。

値段は 計 447 ドル 。内約は、キックスケーター本体が 249 ドル、人間工学のハンドルグリップ(せっかくなので併せて注文した)が 15 ドル、Package deal(後輪ブレーキや運搬バッグなどのセットでこれもせっかくだから注文した)が 59 ドル、あと 輸送費が 125 ドル! ……うん、高価ですわね。ちなみに去年のクリスマスに頼んで、12/31の午後に届きました。

使い心地だけど、最高峰だけあって3つの中では一番優れている。

まずはホイール。8インチほど大きくはないけれど、なんか高尚な設計になってるみたい で、たしかに速い。JD RAZOR MS-185B よりも若干速く、伸びもある。劇的な差ではない。走行音も、同じくらい静かかな。ただ、こっちの方が音が鋭くて、私は好き。んー、自転車で言うなら JD RAZOR MS-185B がクロスバイクで、xootr がロードバイクって感じかしらん。

ただ、ホイールが細い分、安定感がややツライので、初心者がいきなり手を出すのはキツイかも。私はたぶん JD RAZOR MS-185B でならしたから、すぐに適応できたんだと思う。

それからデッキ。前述の2つは狭くて両足を置けないくらいなんだけど、xootr なら置ける。これ、かなりラク。キックスケーターって(特に移動で使う時は)いかに休みながらキックするかがポイントなので、デッキ広くて休みやすいこやつは素晴らしい 。これだけでも採用の価値があるんじゃないかな。まあ、私の場合は、足は頑丈な方だし、JD RAZOR MS-185B を乗り回してもう慣れちゃったので、あまり大きな恩恵ではないのだが。

折りたたみについては、惜しいかな。ハンドルの折りたたみは、ボタンプッシュ式なのでラクチン。JD RAZOR MS-185B みたいな苦戦はしない。でも、ハンドルを外すことができないので、ちょっとジャマ。混雑した店内や電車内ではツライだろうし、バスで座席に座るのは無理がありそう。まあ私は運搬用バッグも買ったので、これに入れてやればイイんだけどね(まだ試してない。ハンドル外せないのにバッグに入るんだろうか?)

ブレーキについても、3つの中では最高峰。後輪ブレーキは JD RAZOR MS-185B と同等以下だが、前輪ブレーキが素晴らしい。後輪並に効くし、握りやすい。というか、xootr ではブレーキのメインは前輪なのである(後輪ブレーキは「FENDER BRAKE KIT」というオプションを購入しないと付いてこない)。しかし、それでも制動距離は数メートルレベルであり、急ブレーキは到底実現できない。キックスケーターはそういう乗り物です。

※補足……後輪ブレーキとは、泥除けを踏みつけてその摩擦でブレーキを行う機構のこと。キックスケーターにおけるブレーキの主要手段である。しかし、自転車ほど優秀ではなく、制動距離も平気で数メートルは超えてくるので、急ブレーキを想定してはいけない。

表で比較してみた

最後に、3つを簡単に表で比較してみた。

項目 Micro Rocket JD RAZOR MS-185B xootr MG
入手のしやすさ ×
値段 ×
スピード
デッキ(足乗せるところ)の広さ
安定性(バランスの取りやすさ)
伸び(慣性だけでどれだけ進むか)
ブレーキ
走行音 ×
見た目
折りたたみ ×

まとめ

Micro Rocket は初心者向け、あるいはおしゃれさん向け。

JD RAZOR は初中級者向けで走行性能が良い。

xootr は走行性能が最高だが、初心者がいきなり手を出すのはツライ。あと高価だし英語。

個人的な目安は、

  • 見た目にこだわりたいなら Micro Rocket(他のラインナップでもいいけど)
  • 性能含めバランスの良さ(特に走行性能)が欲しいなら JD RAZOR
  • xootr は、上記2つに飽きてきたら

こんな感じかなあ。

更新履歴 - 2017/01/22: マイクロロケットの項を微修正(マイクロスクーターとマイクロロケットの用語が一部意味的に曖昧だったのを直した)