ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

カレンダーやスケジューラーが不要な人生をおくりたい

カレンダーやスケジューラーは、言うなれば 実施タイミング強制装置 だ。「この日にこれをしろ」「この日までにこれを終わらせろ」といったように、時間指定でタスクを指定してくる存在。不自由の象徴なり。

私はぼっち系クズとして、のんびりマイペースに生きていたい。そのために生涯社内ニートでありたい。けど、会社でそう立ち回るのは簡単じゃないから、色々勉強してる。その過程で、ライフハックやビジネスハックについても調べる。

で、こいつらハックが教えてくることなんだけど、カレンダーやスケジューラーを用いたものばかりなのよ。

ある時、私は気付いた。前提が違うんじゃないか、と。

そもそもカレンダーやスケジューラーが必要なほど忙しい環境に身を置いていること自体が問題じゃないのか 、と。

そうだ、そうだよ。みんなやたらと充実を求めるけど、私は充実よりもゆとりが第一だ。山谷な人生よりも平坦な人生だ。

充実ジャンキーに踊らされてはいけない。私は私で、ゆとりを追い求める人生を模索するべきだ。

というわけで、ハックで目先をラクにすることよりも、目先にあるハードルそのものを下げる、あるいはなくす道を探すことを重視したいなあと改めて思いました。