読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

ぼっちをタイプ別に分類してみた

ぼっちについて色々思うところがあるので、気まぐれでこういう記事も書いてみたい。

今日は、ぼっちを4つのタイプに分類してみた。上手く分類できてるかな?

あなたはどのぼっち?

無興味ぼっち

やりたいようにやっている、やりたいことをやっている、を地で行くタイプ。自分の興味に夢中であり、ぼっちとか友達とかそういう状態には全く興味がない(自覚はある)。

天才とか変人と呼ばれる人に多い。一種の才能と言ってもいい気質。

無自覚ぼっち

知的あるいは精神的に障害があるなど、何らかの要因によりぼっちとか友達とかいった概念がわからない(かつ、ぼっちになっている)タイプ。

受動ぼっち

ぼっちになるのはイヤだけど、性格が奥手とか自分に自信がないとか、人付き合いにトラウマ抱えてるとか、あるいはイジメやハブられで現在進行で孤立しているなど、何らかの事情でぼっちになっているタイプ。

能動ぼっち

自分の意思でぼっちになっているタイプ。このタイプはさらにポジティブ(やりたいことがあるからぼっちになってるんだ!)とネガティブ(イヤなことから逃げるためにぼっちになってるんだ…)がある。

※ポジティブな能動ぼっちは非常に稀。というのも、何事においてもやりたいことをやり続ける(その世界の奥深くに進む)には多数の人々の協力が必要だから。

余談: 湯神くんは何ぼっち?

マンガ「湯神くんには友達がいない」の主人公、湯神くんはどのぼっちだと思いますか?

私は「ネガティブ能動ぼっち」だと思います。