ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

責任の飛び火

Case1: 両親と姉

出かけようとする両親に、日勤の姉を●時に起こすよう言われる。

私はブログを書いていた。●時まで覚えている自信が全くなかったので、リマインダーをセット。

●時になった。リマインダーが思い出させてくれた。私は姉を起こす。姉は、返事はするものの、起き上がる気配はない。ひと揉みくらいはできそうやで。 こんなことのために手間暇かけるつもりはない。私は「もう起こしたからな」と言い残して、この仕事を終了した。

夜、晩ごはんのとき。私は集中砲火を浴びることになる。

姉「なんで起こしてくれなかったの?」

姉「ちょっと遅刻したんだけど」

親「起こせって頼んだよね」

親「本当この子は責任感がない……」

なぜなのか。これって私が悪いのかい?悪いのは寝坊助の姉だろう?確かに姉が完全に起きるまで全うするのが理想ではあるが、それはあくまで「全うすれば良い人」であって、「全うしなかったから悪い」ではないはずだ。

Case2: 上司と後輩

会社にて。

プルルルッと耳障りな音。音源を見やると、上司の携帯電話だった。持ち忘れたのか?と思いつつ、私は無視をした。

プルルルッ、プルルルッ、プルルルッ……着信はかなりしつこい。うるさいなぁ、と思いつつ、私はやはり無視をしていた。

そこで突然どたどたと慌ただしい足音。見ると、後輩であった。会議が終わって戻ってきたみたいだが、やけに急いでいる。

後輩「なんで取らないんですか!?」

いきなり怒られた。

後輩「はい、●●(上司の名前)の携帯です」

ほう、不在の上司に代わって取る、と。ずいぶんとお優しい。さすが皆から可愛がられているだけある。

後輩ちゃんはしばし笑顔で応対。それが終わると、途端こちらを振り向く。笑顔がすうっと消えた。

なんと、後輩がお説教をしてくるではありませんか。

曰く、直属の上司じゃないか。曰く、一番席が近いじゃないか。曰く、(今席に着いてるメンツで)一番若いじゃないか――しまいには「社会人としてうんぬん」とまで言われる始末。

なぜなのか。これって私が悪いのかい?悪いのは電話を持ち忘れた上司だろう?確かに上司に代わって不在を伝えてあげれば優しいし、私も発信者ならそうしていただけるとありがたいが、その対応は「やれば良い人」であって、「やらなかったから悪い人」ではないはずだ。

責任の飛び火はレアではない

性犯罪になった被害者が「お前がそんな格好してるのが悪い」と非難されることがあるが、そんな理不尽な責任の飛び火をするアホは、そうはいないだろうと思っていた。

けれど、こうして私は飛び火を食らっている。

飛び火は決してレアな現象ではないということを学んだ。

火傷しないためには

では、飛び火で火傷しないためには、どうすればいいのか。

  • 選択肢1: 良い人になる
  • 選択肢2: 耐える

確実なのは「良い人になる」だけど、これには 良い人で在り続けるためのコストがかかる。面倒くさいよ、そんなの。

よく「持ちつ持たれつ」なんて言うけれど、ちょっと良い人になったからといってリターンが来ることはない。良い人で在り続けてようやくリターンが来るようになる。ローコストハイリターンではなく、ハイコストハイリターンということだ。

で、私という人種は、ハイコストを嫌悪する。だからこそ「ぼっち系クズ」なんて名乗るような人間になっているわけで。ここは性格であり性分なのだからどうしようもない。

であれば、残る選択肢は「耐える」しかない。飛び火に耐え続ければ、いずれ「こいつにはもう期待しない」という扱いになる。怒られることもなくなる。

それでいいんだ。私は別に悪いことはしてないんだから。ただ「良い人でない」だけだ。

ぼっちでも花見は楽しめる!ぼっち花見の楽しみ方4選

f:id:botibotti:20170414204136j:plain

みなさん、こんばんわ。花見シーズンですね。

え?ぼっちには関係ないって?そうでしょうか?ぼっちは花見を楽しめないのでしょうか。……いいえ、違います。ぼっちでも楽しむことはできます!

というわけで、ぼっち花見の楽しみ方を紹介します。

1. 文字通りの花見

「花見」は 「花見(という名の宴会)」 と言えますが、この常識に従う必要なんてありません。

たとえば、読んで字のごとく 花を見る ことそのものを楽しむこともできます。

初春にしか咲かない、ピンク色の花びら――桜の希少性は、鑑賞対象として非常に映えます。大してカメラに興味がなくとも美しい写真を撮りたくなりますし、遠目にピンク色の領域を見かけたなら近寄ってみたくもなります。そんな魔力が桜にはあります。

その魔力を、誘惑を、素直に受け入れてみるというわけです。ぼっちですから誰にも邪魔はされません。自分のペースで思う存分鑑賞できます。

ちなみに、この楽しみ方をするなら、人で賑わうスポットよりも物静かなスポット(公園で言うなら大きな公園よりも地元の小さな公園とか)が良いでしょう。前者のスポットだと、人口密度と人の往来が激しいため集中できません。

2. パラサイトチャレンジ

コミュニケーションが苦手でないぼっち限定ですが、こんな楽しみ方もあります。

  • たくさんの客で賑わう花見スポットで、自分一人で席を取る
  • 当日も自分一人で花見。周囲はグループ客ばかり……
  • しかし、ぼっち花見の物珍しさゆえ 声を掛けられる

そうして 彼らの仲間に入れてもらい、一緒に花見を楽しむ こと――それが パラサイトチャレンジ です。よそのグループに寄生(パラサイト)するというわけですね。

パラサイトチャレンジは、ヒッチハイクにも似た面白さと言えるかもしれません。そういうことに抵抗のない方なら楽しめると思います。

具体的なテクニックは書くとキリがないので割愛しますが、成功率はそんなに高くない(本人のコミュ力次第な気もしますが)です。が、誰からも構われずぼっち花見を続けるのもまた一興。あわよくば一期一会を狙い、そうでなくても最悪ぼっち花見をする――という 二段階の心構えで行くと気が楽 でしょう。

3. バチカンチャレンジ

パラサイトチャレンジが周囲グループへの寄生を狙うのに対し、バチカンチャレンジ は逆にぼっちを貫く楽しみ方です。その様子はまるで周囲を他国に囲まれたバチカン市国のよう。

バチカンチャレンジに何を見出すかは人それぞれですが、おそらくは 堂々とぼっちで楽しむことの主張 ――言うなれば ぼっちの矜持を示すことにあるでしょう。

花見は集団の専売特許じゃないんですよ。ぼっちでも、いやぼっちだからこそ楽しめるんです。大勢の花見客に囲まれた桜のように、凛と佇むんです。

理想は「本屋(ブックストア)の藤原」や「マッスルクリエイター安藤」、「マーキングの松村」などの異名を手に入れることです。異名という名の、矜持の証を目指すのです。

……まあここまで大げさでなくとも、単に悪目立ちして楽しむ目的でも十分です。スタバで MacBook Air 使ってドヤる、みたいなことが好きな人にはもってこいの舞台です。

4. 花見客を見る

花見において、見ることのできるものは花だけではありません。

そうです、花見客です。もっというと女の子です。

花見スポットは目の保養スポットでもあります。女の子たちは一つの場所に留まって花見に楽しんでいるわけですから、見るのにはもってこいなのです。もっとも、場所や地形、花見客の配置によっては難しいこともあります。そこは工夫が必要でしょう。あるいは、その場その場でどうやればより見れるのかというチャレンジとして楽しむのもアリです。

ただし、ぼっち花見をしている以上、どうしても悪目立ちしてしまうため 見ていることが女の子に気付かれやすい という問題があります。ここをどう越えるかがポイントです。

おわりに

ぼっち花見の楽しみ方について紹介しました。

今回紹介したのはたった4つですが、他にも色んな楽しみ方がありそうでなりません。来年は新しい楽しみ方を探したいですね。

「定時帰りだがつまらない仕事」と「面白いが残業残業な仕事」、どっちがイイ?

要するにプライベート時間を取るか、勤務中の充実を取るかですが、皆さんはどちらがイイですか?

私?私はですね、どっちもイヤだよ!!

残業はイヤだ

何回も書いてる気がするけど、私は残業が大嫌いである。

心身が貪られることもそうだが、何より 貴重な時間がどんどんむしり取られている のが許せない。時は金なりどころじゃねえんだよ、(ある程度生活水準が満たされてるなら)金よりも断然貴重なんだよ。定時だけでも1日の1/3も取られてるのに、残業になるともっとだぜ?信じられる?悪魔の所業だよホントに。

というわけで残業はイヤだ。

じゃあ、仕事が(今持ってるあらゆる趣味よりも)面白かったらどうか――それでもやっぱりイヤだなぁ。 私は一日に何時間も費やし続けられるほど何かに集中できる人間ではない

最近は好物のラブコメラノベでさえ「疲れたから今日はもういいや」と諦めるくらいに、すぐ飽きる。疲れる。仕事であれば、たとえ面白かろうとラノベより疲れるはずだ。下手したら定時間すら保たない。というより、今も保ってないしね……

「休憩すればいいじゃん」

そうなんだけど、休憩で取れるのは疲労だけであり 飽きまでは取れない。飽きを取るには、睡眠を含む長時間のインターバルを取るしかないのだ。

つまらない仕事もイヤだ

一方で私はつまらない仕事も大嫌いである。

私は創作の楽しさを知っている。また、その難しさも、生み出せる価値も知っている。これを知ったが最後、創作には遠く及ばない、つまらない単調・単純作業や手作業がひどく苦痛に感じる。

よく「公務員は安定してるし定時上がりだし良いよね」というけれど、私はそうは思えない。たとえ安定してて、定時上がりであっても、仕事がつまらないからだ。だって、所詮はルールや規則に従って各種手続きをこなし続けるだけのマシーンでしかないんだからね(※すいません公務員の実体は知りません偏見で書いてます)。

作業はつまらない。創作は面白い。

私は創作がしたいんだ。楽しみたいんだ。今更作業なんかには戻れないんだよ。

どっちも選べない

残業も嫌い。つまらない仕事もイヤ。だから私はどっちも選べない。

贅沢な悩みかもしれない。けど、どっちだとしても私は耐えられる気がしない。実際に耐えられなかったこともある。

なら、両方満たした、第三の、贅沢な選択肢を追い求めるしかあるまい。

おわりに

「結局何が言いたいんだ?」という下手な雑談風になってしまいましたが、仕事観についてのお話をしてみました。

我ながら面倒くさい気質になったなぁとうんざりしておりますが、こんな自分が嫌いではありません(苦笑)

知り合いのことをもっと知りたいなら雑談すればいい

赤の他人や芸能人のことはどうでもいいけど、知り合いはそうじゃない。趣味、家族構成、ライフスタイル、体型、交友関係、休日何してるか等々——なぜか知らないけど、色々と知りたい。女性だけじゃなくて男女問わず。

これって性的興味じゃないんだよね。知り合いという「自分にとってある程度以上親近感がある相手」に対する好奇心と言えようか。たとえるなら「クラスのあいつは毎日何してるんだろう」「妹は金曜いっつも帰りが遅いけど何してんだろ」「この上司って休日はどう過ごしてんのかな」といった興味に似てる。

さて、じゃあその知り合いについて色々知るには、一体どうしたらいいんだろう?

まずは聞き耳を立てるよね。会社でいうなら、ふとした休憩や会議開催前後の雑談とか、あとは社内SNS上のくだけたやり取りとか。で、次に行うのがサーフィン。FacebookTwitter その他アカウントを探して見る、視る、観る——。

個人的には Facebook を一番重視する。というのも Twitter みたいにネット上で発信活動してる人ってかなり少数派 なんだよね。発信側の私はついついそれが当たり前だと考えちゃうけど、そうじゃない。発信してない人は、している人の何倍も、何十倍もいる。あ、そうそう、Facebook といえば友達リクエストも定番だね。 私はしばしば 知り合いの Facebook に友達リクエストしまくるマン と化するよ。

あとは、主にアカウント探す過程でやっちゃうけど、その人の実名やニックネームでググるとか。

……ざっとこんなもんかな。聞き耳とサーフィンとググる、の三つだけ。本当はもっと知りたいんだけど、やりすぎるとこのご時世、ストーカーになっちゃうからね、気をつけないと。私もかなり安全マージン引いてる。

容易に想像付くかもしれないけど、これだけの行動ではほとんど情報が集まらない。というか、私の経験則では、 たとえ Facebook で友達になったとしても、その人が積極的に投稿している率はかなり低い 。10% もない。投稿してる人もほぼ野球女子みたいなミーハーか、子ども写真ばっか載せてる親バカか、あとはガジェット大好き意識高い系マンと、暇を持て余した役員おじさんかな。

そうなんだよ、全然集まらないんだよ。わからないんだよ。物足りないにも程がある。

もっと知りたいんだけどなー、でもやりすぎはストーカーになっちゃう……。どうすれば良いのかな、堂々と知れる方法は。ヒアリング?そんなコミュ能力あったら苦労しないよう。

……こんなことで日々悩んでいたのですが、今日、唐突に、スマートな解がわかったのであります。

といっても単純で、その人と雑談するだけ。特に飲み会。場を繋ぐために、どうしても各個人のことを訊くことになるわけで、そうするとその人のことがわかる(自分のことも晒すことになるが)。

ぼっちの私はピンと来てなかったけど、人々はそういう機会を重ねて関係を深め、知り合いのことを色々知っていくんだよね。そんな当たり前のことが、私はわからなかった。たはは。

ちょっとだけ、本当にちょっとだけだけど、「今度は飲み会に参加してみよっかなー」という気になった。

Thimberland(ティンバーランド) のイエローブーツを買った

というか 以前買わされた 。万単位の買い物なので、使わないわけにはいかない。

f:id:botibotti:20170408081659j:plain

前提(私という人間)

私は基本的にランニングシューズしか履かない。なぜって安価で履きやすくて動きやすいからだ。

サンダル?嫌いだ。動きにくい。

おしゃれな靴?嫌いだ。靴は着心地と機能だろうが。

革靴?あれは論外。どうしても必要な時だけ履く。いつものオフィスに出勤する時は履いてない(黒いランニングシューズでごまかしてる)。

さて、こんな私が扱えるシロモノなのか。

イエローブーツって何?

yellow_boots Yellow Boot - ティンバーランド より

Thimberland(ティンバーランド) というブランドの靴。

ブーツというと女性が履くものを想像するけど、男性用ブーツ(メンズブーツ)というジャンルがあるみたいで、要するに厚底なおしゃれシューズ。

イエローブーツについて、ちょっとネットで調べてみたら、

  • 老舗ブランド
  • 登山靴が起源?
  • 防水性能が良い
  • 多少の悪路なら問題無く歩ける高性能?
  • 中高生向けのイメージ。おっさんが履くならコーディネートよく考えて

こんな感じみたい。

おしゃれなのに機能的なのか。方向性がよーわからんな。

あとおっさんはキツいのね……。まあおしゃれしない私には関係無いと思うので気にしない。見かけても絡まないでねw

試着してみる

ランニングシューズと同じサイズで買ったのだが…… え、キツくね?

展示品の試着ではすっぽり入ったんだが、今はかかとを地面にガツガツ叩きつけても入らないレベル。先に足の骨がやられそうだ。説明書を見ても、ヒントになりそうな記述は無し。

……、…………試行すること15分。コツがわかった。わかれば結構すんなり入る。タン(靴紐の下にある泥除け)を引っ張りつつ、ヒール部分も引っ張る感じ。

出かけてみる

コツを掴んだところで、出かけてみる。

底が分厚い!

私は「つま先→かかと」の順で下ろす歩き方をするんだけど、分厚すぎてちょっと辛い。1キロくらい歩いたら疲れそう。これで散策は……正直したくないなぁ。まあランニングシューズじゃないんだから仕方ない、のか?

そういえばラノベ俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』で幼馴染みの恵理たんが

「おしゃれはな、気合いなんだよ」

みたいなことを言ってたけど、こういうことなのね。アラサーぼっちおじさんは早くも挫折しそうです。

気分は悪くない

ブランドのおしゃれ靴ということもあり 俺カッケー感 が味わえる。これは悪くないと思う。

パソコンで言うなら AppleMacBook を使っている時のような。カフェで言うならスタバでくつろいでる時のような。書棚で言えば仕事で使ってる専門書を並べた時のような感じかな。

ちなみに、説明書や公式サイトもスパイスになる。いちいちワードやフレーズがキザだったり、モデルさんがかっこよく着こなしててたりしてて、いちいち煽ってくるんだよね。こうやって購買意欲を引き出させるんですねわかります。

防水性がすごい

今年の大雪は記憶に新しい。積雪が珍しいウチの近所では靴が埋まるくらいは積もった。当然、ランニングシューズではすぐに濡れてしまう。

が、このイエローブーツでは濡れなかった。全然通さない。さすが、ネットでも褒められてるだけのことはある。積雪時におしゃれしつつ出かけたい場合に良いね。

結論: もうちょっとだけ使ってみる

せっかく買ったし、おしゃれしてみようとも決めていたので、好みはさておき、しばらく使ってみようと思う。何か新しい刺激や発見があると良いのだが。

ちなみに私は、せっかく買ったからといって無理して使い続けるほどケチではない。むしろストレスになるものは、たとえ高い銭出して買ったものでも潔く捨てる。

イエローブーツさんがそうならないよう祈っておくよ。

おわりに

この記事、下書き書いたの1月なんだよね。暖かくなってきた現在4月では、全く出番がありません(笑) やはり私はおしゃれブーツよりもランニングシューズ派だなぁ。

クモの巣が憎い

私はあちこちを探検するのが好きだ。よく脇道に逸れるし、公園に林や茂みがあったりするとそっちへ入ってしまう。

そして遭遇する。クモの巣トラップに。あのウザさは憎らしいほどである。

生理的嫌悪感

クモの巣の視覚的暴力はゴキブリに匹敵する。

あれが進路を塞いでいるだけで、もう通る気が失せてしまう。

たかがネバネバの糸だし、有害でもない。病原菌を運ぶゴキブリよりは何倍もマシなのだと、頭ではわかっているが、それでも、あれを見る度に腰が引けてしまうのだ。

ステルス

見えるなら見なければいい、避ければいいと思いがちなのだが、ところがどっこい、中にはステルス性能を持つ巣もあるから厄介だ。

ステルスな巣、通称ステルス巣(言いづらい)は、顔にひっついて初めてその存在に気付く。あの時の驚きは、心臓をいとも簡単に高鳴らせる。「うおっ!?」と発声をもたらすのも容易。

極めつけは、ひっついた後も見えないという徹底ぶり。恐るべし性能だ。

ネバネバ

そして何とも言ってもしつこい。

ネバネバネバネバ……といつまでもまとわりついてくる。しつこいのは納豆だけで十分なんだよ。もちろん、納豆のように箸で切れるはずもない。

物量

この世にクモは何匹存在するんだろう。

少なくとも億どころの規模ではないはずだ。

クモの巣は至るところに張られている。特に緑が絡む場所には、必ずといっていいほど存在する。おかげで、クモの時期になると、緑に入って遊ぶ=クモの巣に打ち勝つ、という忍耐ゲーになってしまうのだ。

クモ。ただ巣を張るだけのナマケモノのクセに、どうしてこんなにも存在できるのか。そろそろ滅んでもいいと思うよ。

おわりに

クモの巣がないから冬は快適だった。林も森も入り放題だった。

そんな冬が明け、春が来た。暖かく鳴ったのは嬉しいけど、クモの巣は勘弁してほしい。本当に勘弁してほしい。死活問題なんだよ。

私はネバネバしてばかりで、早くも心が折れそうである。まだまだ遊び足りないのになぁ。

思いの丈をパスワードにぶちまける

思いの丈を存分にぶちまけることのできる場所は多くない。

そんな中、一つだけ身近でありながら盲点となっている場所がある。

パスワード だ。

溜まりに溜まった性欲でも結構、嫌な上司や友達への愚痴不満でも結構、リア充どもへの羨望嫉妬憎悪でも結構。 誰にも見られることのないパスワードだからこそ、何でも書くことができる

そしてそれは(ログイン処理の自動化などをしなければ)頻繁に打ち込むものだ。 思いの丈を、日常的に何回も打てるのだ。面白いと思わないかい?

もちろん、パスワードには日本語をそのまま使うことはできないから一工夫が必要だ。過去にも書いたけど 強力で覚えやすいパスワードのつくりかた - ぼっち系クズの日常 などの方法があるだろう。

ちなみに私のパスワードは性欲系である。あえて書くなら「●●ちゃん大好きぺろぺろずぼずぼ」みたいな感じ。おかげで●●の入力スピードだけは無駄に速い。たぶん、本人よりも速いんじゃないかなぁ(苦笑)

というわけで、パスワードに思いの丈をつづるのはオススメです!

余談: パスワードは誰にも見せないと思っていた

一度だけ、私はその変態パスワードを先輩に知られたことがある。

それは私が出張した時のこと。

自席パソコンの電源を入れ忘れたせいで、出張先からリモートログインできないというミスを犯してしまった。

「電源入れてもらえばいいじゃん」

そう、そのとおり。入れてもらったんだよ、でもまだ繋がらなかった。なぜ?……他の原因は一つしか考えられなかった。 リモートログインを許可する設定を有効にしていない からだ。

「なら有効にすればいいじゃん」

そう思うでしょ?でもね、そのためにはね、誰かに 私のパソコンにログインしてもらって、操作してもらわなきゃいけない。ログインにはパスワードが必要……。

私が頼んでいた人物、電源を入れてくれた先輩女子(仮にアヤちゃんとする)もその結論に至ったようで、こう言ってきた。

アヤちゃん先輩「申し訳ないけどパスワード教えてもらえる?」

私「……」

アヤちゃん先輩「イヤなのはわかるけど、他に方法ないでしょ?」

イヤどころの話じゃねーよ。だってさ、「アヤちゃん大好きぺろぺろずぼずぼと書いたパスワード」を本人に教えろとでも??

そう、当時私がぞっこんだったのは、何を隠そうアヤちゃん先輩だったのだ。妄想をしたのも一度や二度ではない。なんたってパスワードに採用するくらいだからな。

そんな思いが綴られたパスワードを他人に、しかも本人に教える、と?

さすがの私でも冒険する勇気はなかった。

私「……、…………A先輩を呼んでください」

妙策を思いついたので、実行する。

(このブログに書いているようなレベルで)私の素顔を知っている、数少ない人物「A先輩」に変わってもらうことにしたのだ。彼なら、私のパスワードを見ても苦笑してくれるだけで済むはずだ。

アヤちゃん先輩「なんで?」

甘かった。交代の理由を問うてくるとは……。

さて何と言えばいい?「お前じゃ信用できない!」と言うのは簡単だが、アヤちゃん先輩から嫌われたくはない。一体どうすれば……。

私「……な、なれてる、からです」

アヤちゃん先輩「なれてる?」

私「私のパスワード、とても長いので、伝えるのに時間がかかります。私はただでさえ発音が悪いので、アヤ先輩相手だとかなり時間かかって迷惑かけちゃいます。A先輩なら、私の発音にも慣れてるので、割と短時間でいけるんです」

ここで「A君とそんなに親しかったっけ?」的なツッコミをされたらきつかったが、幸いにも納得してくれた。

A先輩に代わってもらい、私はパスワードを伝える。

彼はお調子者タイプでもある。私のパスワード下ネタも軽く笑って流すと思われたが、

A先輩「……これは無い」

マジトーンで失望されてしまった。

私「すいませんwww」

私はお調子者キャラを演じて応じてみた。

A先輩「……ログインできたよ。すぐに設定するから待って」

見事にスルー(ちなみにこれ以降、A先輩とは未だに疎遠になっている)。いつものテンションはどうしたんだよ、のってこいよう……。

ともあれ、リモートログイン設定が無事終了した。

私は即行でパスワードを変えた。

アヤちゃん先輩への思いの丈はそのままに、パスワードの見た目の複雑さを強くした。たとえば peropero を propro と略してみたり、と暗号みたいにあれこれ変換を施した。

これならもう、誰かに教えてもばれることはない……はずだ。

以上、長々と書いたが、要するに パスワードを誰かに教えなければならない機会(特に会社など仕事がらみ)は訪れるかもしれない ということだ。いくら思いの丈を綴れるとはいえ、万が一に備え、見た目を複雑にしておいた方がいい。