読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち系クズの日常

生涯社内ニートを目指すアラサーぼっちの日記

ぼっちだけどグループ参加前提の社員旅行に参加してみた

日記

旅行の名目は「札幌スキーツアー」。北海道もスキーも初めてなので応募してみた。

続きを読む

早起きをする、ただ一つの方法

ライフハック

早起きをするためのノウハウは色々あると思うけれど、私も実践している、シンプルな方法を提案しよう。

続きを読む

通勤時間はある程度長い方がいいのかもしれない

仕事

公共交通機関で何十分、時には一時間も通勤に費やす——ばかばかしいことだけれど、「案外いいかも」とふと思った。正当化じゃなく本心で。

強制的な休憩

通勤中という時間帯は、かなり制約が強い。

周囲に人がいるからくつろげないし、狭いからパソコン出して遊べないし、人の目があるからエロいラノベとか読めないし、長時間立ちっぱなし耐久ゲームが開催されたり、不快な人種が近くにいて気分が萎えたり、あと満員時には圧迫されたりする。

こんな状況で、出来ることといえば、何も無いのである。何もせず、ただぼーっと過ごすのみ。

でもこれは 休憩 の役目を果たしてくれる。体に溜まった疲労を回復させ、仕事等で使っていた頭を空っぽにしニュートラルにする。そうすると、以降の活動もスムーズに進めやすくなる。逆に、無理してここにやれ勉強だの仕事だのと詰め込んでしまうと、休憩が行われずジリ貧になっていく。(ただし満員電車など辛い状況では効果は期待できない 苦笑)

通勤という名の休憩は、健康みたいに「あると自覚は無いが、無いと有り難みがわかる」類のものだと思う。大切にしたい。

終電ガード

公共交通機関には終電という概念がある。

会社や上司がよほどのブラックでなければ「終電が近いので今日は帰ります」が通じる。 一日の業務時間上限を終電以内に抑えることができる のだ。

もっとも「そんな言い訳が通るくらいなら最初から押し通せばいいだろ」という話なんだけど、そうやって無理矢理押し通すのと、終電があるから……と「仕方なさ感」で通してもらうのとでは、自身への精神的負担が違う。私はデリケートなので、前者だと罪悪感を感じてしまう。

また、終電だけでなく災害時(たとえば台風や大雪など)も「電車が止まって帰れなくなりそうなんで早めに帰ります」が通じやすい。上司側も、いちいち路線状況を細かくチェックするタイプでなければ、たとえウソや誇張表現でも「そうか、なら仕方ないな。お疲れ」と通してくれる。 災害が「早く帰るチャンス」になる

※余談。「終電でも関係ねえよ」という上司がいたら、私はその上司に「じゃあ私を自宅まで送ってくださいね」としつこくつきまとうようにしている。実際使ったこともある。以後、その上司は終電ガードを容認してくれるようになった。終電ガードは意外と強力なカードなのだ。

目の保養

公共交通機関の利用者には女性もいる。(手段にもよるが)多数かつ多様であることも少なくない。

めでたくなるような幼女から、即ハボ(死語?)と思わずにはいられないグラマラスお姉さんから、若者にしか興味ない私でも傾きそうなくらいの熟れた色気を出す熟女まで、本当に色んな女性がいる。目の前で生き生きと歩いている、絵画のように静謐に座っている、コロコロと表情を変え、香しき匂いを発し、その声音で鼓膜を、脳髄を刺激する。

通勤中。それは、場合によってはパラダイスとさえ呼べることもあるような、そんな機会でもあるのだ。

ハイスピード思考

考え事には、無意識的にサクサク進む(頭に次々と思い浮かんでくる感じ)のと、意識して「これはこうだからこうなって……」みたいに少しずつ進むのがあると思う。便宜上、前者を ハイスピード思考、後者を 意識的思考 と呼ぼうか。

私は不器用なので意識的思考が多い。しかも思考過程を覚えられないからメモが必要。つまりメモ手段がないと 考え事そのものが無理ゲー なんてことになる。

で、通勤中だけど、メモ手段(私の場合はパソコン)は使えない場合が多い。ゆえに通勤中に考え事をすることができない……んだけど、たまに、本当にたまーに、ハイスピード思考が発動することがある。自覚のないまま、脳内でポンポンと思考が弾んでいる状態。一段落済んで、ようやく「あ、今 入ってたわ 」と自覚し、急いでメモをする、までが一連の流れ。

ハイスピード思考が意識的思考よりも効率的かつ強力なのは言うまでもないけれど、こやつは 自ら意識して発揮できない 点が厄介だ(※他の人がどうかは知らない。私は少なくとも無理)。だからこそ私はプライベートでも仕事でも 、ほぼ常に意識的思考で戦っているんだけど、ぶっちゃけ限度がある。「地頭的に無理です」と諦めざるを得ないケースが多々出てくるほどに。

(ハイスピード思考が欲しい……)

ことあるごとに内心でつぶやく。ハイスピード思考の習得は、私にとって悲願なのだ。その悲願が——手に入るかもしれない。

……ほい、ここまで前置き。ここから本題。

通勤中はハイスピード思考に入りやすい

原因は不明だが、おそらく「何もすることがない」「自分の部屋みたいにだらけられない」といった要素が適度にブレンドされているがゆえに、ハイスピード思考に入りやすい精神状態が作り出されているのではないか。

せっかく出会えた、悲願達成のチャンス。ものにしたい。でも意識したら途端に消えちゃうからなぁ。難しいところなんだよとほほ。

おわりに

苦痛でしかない通勤も、何気に役立っているんだなと改めて思った。

勤務中に限ってブログを書きたくなるから困った

ブログ 日記

休憩中にふと「あ、これについて書けば面白いんじゃね?」とひらめく。脳内で文章がずらずら現われて、溢れてきて、今すぐにでも書きたいくらいの、そんな衝動だ。無論、就業中なので書けるはずもなく、その場でケータイにメモするに留める。

で、仕事が終わり、帰宅して、風呂入ってメシ食べて、さあ書くぞと構えた時――そんな時に限って書けなかったりする。あんなにポンポン溢れていたものが、ウソのように静まり返っている。

意識して、ひねり出してなんとか思い出そうとするんだけど……うん、無理。

これ、成功した試しがない。意識してるって時点でもうダメなんだよね。 意識はとても非力で、鈍くて、融通が利かないヤツだ。だってそうだろ、日中の、あの無意識のうちに溢れていた濁流と比べたらさ、ほんと水滴みたいなもんだよ。

最近こういうことが多いから困る。というかもどかしい。 無意識の衝動が湧き上がった時は、それに従って思う存分行動したいんだよ 。でもまあ、仕方ないことではある。就業中にブログ書くなんて論外だ。

思えば「睡眠」もそうかもしれない。仕事終わって電車に揺られてる時は、面白いくらいすぐに眠りそうになるのに、いざ自宅に帰って、全部生活終わらせて、さああとは寝るだけだって時に限って眠れなかったりする。

……ここまで書いて、あ、これって身構えてるのが原因じゃね? とふとひらめいた。

ブログにせよ、睡眠にせよ、書けない時に共通しているのは「衝動が伴っていないこと」だけではない。少なくともあと一つあって、それが「なんか身構えてるよね」ってこと。身構えてるっていうのは、なんていうかしっかり準備を固めてから「さあやるぞ!」と意気込んでから取り組む様――とでも言えばいいのか、とにかくそんなニュアンス。

「お前はきっちりしすぎ。たまには夜更かししてもいいんだぞ。もっと気楽に生きよう」

とは両親の言葉だったか。今になって、真理を突いた言葉なのかもしれないと思った。

ももっと気楽に生きてみようかなぁ。「早速今日は夜更かししてみようか」と考えたところで、「思考力低下すんだよなー」「明日起きれないかも」「睡眠時間7時間は欲しい」「つかそこまでしてやりたいことも特にないような……」などと反対意見が溢れてきたので、できそうにないと苦笑。

QuietComfort 35 in Windows7 (失敗)

グッズ・アイテム

QuietComfort 35 といえば BOSE のワイヤレスヘッドホンだ。お値段 39960 円とかなり高級なやつ。

Windows7 で使いたかったので、使えるかどうか試してみた。

最初に結論言っとくと 使えませんでした

QuietComfort 35 はどうすれば使えるようになる?

要件は以下二つだ。

【成功】BlueToothバイスを検出できるようにする

ここは成功した。

まず「ファイル名を指定して実行」から「services.msc」を実行し、BlueToorh Support Service サービスについて「状態」を 開始 にする。もし「スタートアップの種類」が無効か手動なら、併せて 自動 にしておく。

続いて BlueTooth を検出できるようにする USB 装置を購入してきてからつなぐ。「BlueTooth USB アダプタ」などと検索すれば見つかる。私は「ELECOM LBT-UAN05C2/N」ってのを家電量販店で購入した。店員に訊いたらすぐ案内してくれた。

あとは ELECOM LBT-UAN05C2/N を Windows7 に接続して、タスクトレイアイコンに専用アイコンが表示されればオッケー。

【失敗】QuietComfort 35 を正しく検出&認識する

苦戦し、挫折したのはここから。

手順としては以下になっている。

これをすると、QuietComfort 35 というデバイスが検出され、先に進むとデバイスドライバーのインストールが始まり、そのうち使用可能になる……らしいのだが。

私の環境では 何度やってもデバイスドライバーのインストールが失敗する。これ、Windows Update から取得しているっぽいのだが、私の PC は Windows Update が壊れている(苦笑)ため、たぶんその辺が問題になってるんじゃないかと予想。

この問題を解決するには Windows Update を修復しなきゃいけない。それはとても骨が折れてとうに挫折したので無理な話だ。

Q: なら必要なドライバを直接ダウンロードすればいいのでは?

Windows Update からのインストールがダメなら、手作業で直接ダウンロードしてインストールすればいいんじゃないかという話。

うん、試してみた。が、これもダメ。

まず BOSE 公式サイトではドライバを配布していないし、私の PC(ASUS)のサイトには BlueTooth ドライバが配布されてたけど、これも内部では Windows Update 使ってるっぽくて意味なし。

お手上げ。

おわりに

QuietComfort 35 は Windows7 では使えません。

が、Windows Update の故障が問題と思われるので、故障してない人はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

彼女欲しいなら社会人サークルに参加せいというけれど

出会い

アラサーぼっちには無理だよう……。

サークル活動で彼女を得ることの費用対効果を考えると……

費用対効果、めちゃくちゃ低いんだよ。

まずサークル活動って貴重な週末を犠牲にするでしょ。少なくとも数時間。移動時間とか含めると半日コースは当たり前。サークルによっては日中も当たり前。こちとら残業ゼロを目指してるくらいなのに、半日なんて費やせるかっての。

それからサークル関係無しに一般論として、人と親密になるには相応の手間がかかる。恋人となればなおさら。週一の活動としても、数ヶ月くらいはかかるだろう。その間、自分を抑え、空気を読み続けなければならない。どんな修行僧だよ。

そして最後、仮にそこまで努力したとしても、必ず手に入るわけではない。むしろ手に入らないのが当たり前の、理不尽な運ゲーである。加えて、自分一人だけじゃなくてライバルもいるしね。

うん、低い。割に合わないにも程がある。

なぜサークル活動をするのか

じゃあなぜ人々はサークル活動をしているのか。それはもちろん、彼女を得る以外の目的があるからだろう。

見たところ、二つあるんじゃないか。

  • (1). サークル活動そのものが楽しい
    • 1-a. 活動そのもの(登山サークルなら登山自体)
    • 1-b. 人付き合い(登山後の飲み会や温泉など)
  • (2). 他にやりたいことがないとか、時間を持て余しているとか

意外と (2) が多いと思う。(2) の動機を持つ人は、元々休日という暇を持て余しているような人種である。やることがない、あるいは自分から自発的に動けない、動くほどのモチベーションはないという、そんなゆるゆるな人たち。だけど、本心では「もっと楽しみたい」「出会いがほしい」など刺激を求めている。

サークル活動は、そこそこハードルが低く、それでもって刺激が得られそうに見える。だから参加してみる。してみた、おっ結構面白いじゃん……となってハマっていく。そういう流れである。

自立的行動派の弊害

私は昔から一人でせこせこと行動する人間だった。やりたいことがあればとりあえず手を出したり、選択肢を広げるために勉強や鍛錬や習慣化やらも続けたり、時には忍耐を多用することもあった。

だから私には上記の (2) が無いし、(1) にしても「私はたいていの刺激を体験した」「向き不向きや感じ方の違いもわかっている」「つまり色んな刺激に対して経験豊富だ」という自覚があり、それに照らし合わせると、

  • 登山の楽しさはすでに知ってる
  • 登山の楽しさか、容易に想像できるな……
  • 人付き合いもおおよそ要点はわかっているつもり

などと判断が下ることになる。安易に達観してしまいやる気が半減する とでも言えようか。

これがただの頭でっかちなら良いんだけど、自分の価値観と照らし合わせてきた体験が重たい分、結構当たるからまた厄介なのである。

で、アラサーぼっちとの関係は?

ここで冒頭に戻る。

「アラサーぼっちの私には無理だ」と書いたけど、これは「アラサーになるまでぼっちとして、自立的行動派として過ごしてきた私には無理だ」という意味である。

なんとなく行ってみたら楽しめるかもしれない?なんだかんだ楽しくなってくる?何言ってんだ、私はそんなにゆるくもなければ柔軟でもないんだよ。

自分勝手に、自分本位に、自分に正直に、時には心を鬼にしてあれこれ奮闘してきたんだ、経験豊富なんだ。だからこそわかる、そんな簡単には行かないだろう、時間と労力を無駄にするだけだろう――費用対効果が薄いだろう、と。

もちろん 100% 当たるわけではない、けれど

そこが人生の良いところでもあるんだけれど。

大体当たるんだよ。当たってきたんだよ。その度に、後悔してきた。もう多数派なんかに踊らされるのはやめて、自分のやりたいことだけやって無難に過ごそうよと決意して――また乱されて、手を出して、同じことを繰り返す。

もううんざりだ。

おわりに

社会人サークル。出会いあるかも。彼女できるかも――

いかにも刺激がありそうな甘言だ。でも、それは罠だ。私がそれを享受できるとは思えない。また後悔してしまう前に、さっさと逃げよ。

でも、100% 当たるわけじゃなくて、そこに賭けたい自分もいて、あー、どうしようかな、社会人サークル、どっか手を出してみようか、とウジウジ悩みつつこのブログを書いているのであります。

こんにちは、損得勘定マンです!

「女子社員マネジメントの教科書」読んだ

本:自己啓発 性生活

女子社員という属性について知りたかったので読んだ。色々知れて興奮した。

  • 本書の内容
  • 本記事について
  • 女子社員は、案外バリバリ活躍したいと思っている
  • 女子社員は、共感が欲しい
  • 女子社員は、失敗すると人よりも自分を責める
  • 女子社員は、イヤなことを忘れない
  • 上司になってみたくなる
  • おわりに

本書の内容

本書はおおよそ以下の内容になっている。

  • Step1: 女子社員のホンネを知りましょう、的なもの
  • Step2: 女子社員のビジネスマインドを育むレッスン、的なもの
  • Step3: 女子社員に言ってはならないこと・言ってほしいこと、的なもの
  • Step4: 女子社員のやる気を引き出すための作戦戦略具体策、的なもの
  • Step5: 女子社員を管理職にする意味と、そのための作戦、的なもの

読者対象としては 女子社員の部下を持つ上司 となっている。この対象であれば、「女子社員に会社の未来を託してみたい」というチャレンジな人から、「部下の女子社員に困っているから何とか糸口をつかみたい」という目先の解が欲しい人まで、割と広く活用できる内容だと思う。

本記事について

序文で感づいていると思うが、私はあくまで「女子社員の生態について知りたい」だけである。その目的で読み、感想を書いたのが本記事である。

筆者の願いとは全くのミスマッチだが(笑)、楽しませていただいたので私は満足だ。

さあ、本文に入ろう。

続きを読む