ぼっち系クズの日常

社内ニートでゆるゆる生きたいと願うパラサイトシングルアラサーぼっちの雑記

長財布を尻ポケットに突っ込んでるのが理解できない

財布は己が命と言い換えても過言ではない、マスト・インポータント・バリュアブルアイテムだ。

そんな財布の扱いがあまりにぞんざいな人をよく見る。毎回「アンビリーバボー」と思っているよ。いや、単に「信じられない」って意味じゃなくて、文字通り「アンビリーバボー」というニュアンスね。私にとってはそれだけの驚きなんだ。

長財布 in 尻ポケット

見ているこっちがハラハラする所業の第一位は、長財布を尻ポケットに入れてること。

あまりにも危ない。こっそり抜かれたらどうするんだ?スマホに夢中になってたら、抜き取られても普通に気付かないと思う。

気付く?そんなアホじゃない。果たしてどうかな。人の集中力、注意力ってかなりずさんだからね。バスケットボールの心理実験は有名 だ。

※元ネタ知らない人は この動画 のクイズをやってみるといい。英語だけど、「白いシャツ来た人が何回バスケットボールをパスしたか数えてね」というクイズだ。集中して取り組むべし。

で、話戻るけど、仮に抜かれたことに気付いたとして、では盗人を追いかけることができるだろうか。盗人は最初から逃げる前提のスタートダッシュ、一方、盗られた側はスタートにどれだけもたつくか。高確率で逃がしちゃうと思う。

財布 on 机

特に会社で多いんだけど、財布を机に放置してるパターン。

確かにうちは大企業で、モラル高い人達ばかりだと思うけど、それでも財布を放置できるほど信用に足るものだろうか。

給料はあまり高くないから盗難を働く人がいるかもしれない。あるいは、嫌がらせで盗む人もいるかも。

そんな人はいないって?そうかな。いないと言い切れるのだろうか。うちのオフィスに限って言えば、過去に不正会計やらセクハラやら盗撮といった犯罪が起きている。その矛先が、確率は低いだろうけど、自分たちに、財布に向かないと、どうして言える?

滅多にない可能性のために備えるのって結構しんどいけど、もしそれがぶち当たった時に後悔するのは自分だからね。後悔してからじゃ遅い。

私はどうしてるか

私は基本的に財布を常に持ち歩いている。それはポケットだったり、バッグだったりするのだが、いずれにせよ、ただ入れるだけじゃなくて 必ずチェーンも付けている

アラサーのおじさんがチェーンとかダサいけど、安全安心には替えられない。私はただでさえ不注意で、家でも物をなくすタイプだし、集中すると周りが見えなくなるタイプでもある。そんな私が、今までの人生で一度も財布をなくしたことがないのは、チェーンのおかげだと思っている。

ちなみに、家で手放す時も一工夫している。誰にも見つからないよう 隠し場所に置いている。もちろん置く時取り出す時も、誰にも見られないようにしてる。

ちょっと過剰かもしれないけど、私はこれくらいしないと安心できない。

おわりに

財布に細心の注意を払うことは、正直言って面倒くさい。けれど、払ってないと無くしちゃうリスクが増えてしまう。どちらをどれだけ重視するか――人生はいつだって「てんびん調整ゲーム」だ。

私はそんなことを考えながら、今日もチェーン付き財布を携帯する。

なんで献血の対価をお金にしないんだろう?

必死で献血を呼びかけている人たちを見る度に思う。

なんで報酬性にしないんだろう? と。「血を下さい。お金出しますんで」と言えば、出してくれる人はたくさんいるだろうに。つまりはボランティアではなくギブアンドテイク。ビジネス。

もっとも「じゃあ何ccで何円出すんだ?」「不健康な生活困窮者が来たらどうするんだ?」「渡す金はどこから調達するんだ?」って話になるけれど、その辺を本気で考えれば、ビジネスとして成立できる仕組みくらい生み出せるんじゃないかな。

このアイデア、私ですら思い浮かぶのだから、他の人に思い浮かばないはずがない。それでも未だにビジネス化されていない現状を見ると、何か大きな壁があるのだろう。気になるので、調べてみた。

昔は「売血」できていた

昔は血液を売ることができていたらしいが、禁止されるに至ったようだ。

血を売るのは違法?献血買取が無くなった理由と世界の事情| ヒカカク! あたりが詳しいが、要するに

  • (主に生活困窮者による)不衛生な血を集まり、輸血者が病気になるという本末転倒な問題
  • お金のために健康を犠牲にして売血する人が増えたという倫理的問題

の2つが問題だった模様。

なら問題を解消すればいいのでは?

だったら、血液提供可否を判別する仕組みをつくればいいのではないか。

素人の私にはわからないが、身分証で本人登録して、血液検査やその他検査で異常が無いことを確かめて、スルーした人だけ血液提供権を与える……という感じで、上手いこと仕組み化できないだろうか。

ほら、なんとなく、いけそうじゃない?

壁その1: お金

「血液くれた人に渡すお金はどうするの?どこから集めるの?」という問題がある。

私は思いつかないが、これも何かしら方法があると思う。この部分こそボランティアで賄えないだろうか。富裕層にアプローチして、上手いことお金を提供してもらうとか。何なら、提供してもらった見返りを用意してもいい。んー、見返りってなんだろ、称号とか名誉とか、そういう感じのものかな?

ともあれ、何かしらできそうな気がするんだよね。

壁その2: 法律

そもそも法律が売血を禁止していたらどうしようもないのだが、実際はどうでしょ。

売血 - Wikipedia によると、

2002年に「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」の公布・施行により禁じられた有償採血として

とある。この法律の中身は 安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律 に載っていて、ここに該当箇所があった。

 (有料での採血等の禁止) 第十六条  何人も、有料で、人体から採血し、又は人の血液の提供のあつせんをしてはならない。

おおぅ、完全に禁止じゃないですか。

おわりに

というわけで私の疑問は氷塊。

  • Q: なんでビジネスにしないの?できそうじゃね?
    • A: 法律で禁止されてるからだよ!

勉強になりました。

自転車(スポーツバイク)は危険だ

時速30km以上で車道を走る――私はクロスバイクをスポーツバイクとして楽しんでいた。

そして先日、走行中に転倒してしまい、救急車で運んでもらわざるをえない状況に陥った。痛みに耐えながら、スポーツバイクは危険な遊びだったんだと痛感していた。

自転車は簡単に転倒する

自転車はデリケートな乗り物である。濡れたマンホールの上で少しでも曲がる、あるいは路肩に散らばっている砂利の上に入るだけで、いとも簡単に転倒してしまう。タイヤの細いクロスバイクロードバイクならなおさらだ。

そんなデリケートな乗り物で、必ずしもキレイに舗装されていない道路を、30km/h 以上のスピードで走るというのだから、そりゃ危ないさ。

プレッシャー

スポーツバイクではキープレフトと言って、車道の左車線の左側を走る。最も左側に寄って走るというわけだ。

道路が二車線以上、あるいは一車線でも広ければ、車は勝手に避けてくれるので、こちらとしてもストレスはない。しかしそうでない場合、後ろに車が張り付くことになる。

この時の 「早く進まねば」「道を開けねば」というプレッシャーが凄まじい

こう言うと自転車乗りは「気にすることはない。別にルール違反ではないんだから」と返してくるのだけれど、私はそうは割り切れない人間らしい。後ろに付かれる度にプレッシャーを感じてしまう。

プレッシャーがあれば、焦りが生まれる。

焦りがあれば、操作や判断が狂う。

操作や判断を誤ると、事故する……。

慢心

何ヶ月も何年も続けてすっかり慣れてしまうと、知らぬ間に油断が生じる。慢心が生じる。その結果、初心を持って慎重に走っていれば回避できていた事態を食らってしまう。

私が転倒したのは、よくサイクリングで使う坂道だった。下り坂を下っていた時、「踏んだら転倒しそう」と即決する程度の小石が見えたため、路肩側に避けた(車道側は車が来てるかもしれないのでありえない)ところ、その先が砂利になっており……一瞬でタイヤを奪われ転倒した。

もし私が慎重に走っていたのなら、もっと手前で砂利地帯に気付き、余裕をもって回避できていた。直前になって小石に気付くという不運にも見舞われなかった。あるいは、少し前に車の接近を確認しておけば、安心して車道側に避けることができたはずなのだ。

慢心は、シティサイクルで歩道を走ってるだけなら問題にはならないだろう。スピードが出てないのであまり転倒しないし、したとしてもたかが知れている。

問題はスポーツバイクとして楽しんでいる場合、特に時速30km以上出ているような時だ。30km/h。数字だけ見れば大したことなさそうだが、これは極めて暴力的なスピードだ。1km2分ペースであり、100m12秒ペース。プロスポーツマンの全力疾走レベルだ。そのスピードで転倒するのである。無事で済むはずがない。

おわりに

本質的に危ない乗り物であること。車道でのプレッシャー。走り慣れたことから来る慢心……。

スポーツバイクは極めて危険な乗り物である。プレッシャーを屁とも思わず、決して慢心もせず、あとはデリケートな乗り物を使いこなす器用さだろうか、そのあたりを備えた猛者のみが楽しむことを許された、非常に高度な遊びだと言えよう。そのことを、身をもって思い知った。

もうスポーツバイクを楽しむのはやめようと思う。

私が電子書籍を使わない理由

最近流行りの電子書籍を検討してみたのですが、結局断念しました。

理由1. 機械オンチだから

私はスマホを持たないほどの機械オンチです。そんな私が電子書籍を使いこなせるとは思えません。使えるにしても相当苦労するでしょう。苦労してまで使いたいわけじゃないんですよね。

一方、本は機械オンチでも使えます。なんたって使い慣れた手でめくるだけですからね。「そんなの当たり前だろ」と言われると、その通りなのですが、電子書籍という別の手段と比べると、この当たり前がいかに有り難いかを再認識するのです。

理由2. タッチパネルが苦手

私はタッチパネルが嫌い、というか苦手です。

私の皮膚がおかしいのか、触れ方がおかしいのか、反応しづらい。空間認識が弱いので、意図したところにタッチできない(特に小さなボタン)。皮膚で触れたまま滑らせるという動作が気持ち悪いし、皮膚薄くてダメージでかいので辛い……などなど、とにかく苦手。

この先もタッチパネルはどんどん増えるでしょうから、いいかげん慣れないといけないんですがね……。

理由3. 落ちたら壊れるから

私は結構物を壊します。愛用のガラケーなんか10回は落としてますね。

ガラケーだからこそ10回で済んでいる。電子書籍となると、ガラケーよりも大きく握りづらいわけで、落とす頻度が増えるのは目に見えてます。

そうなると重要なのは耐久性ですが、電子書籍がそこまで強いかと言われると、答えは No でしょう。

怖くておちおち使ってられないです。

理由4. レビューに翻弄されるから

私は影響されやすく翻弄されやすい人間なので、読書時はなるべくレビューを読まないようにしています。

が、電子書籍ではそうもいきません。購入ページはレビューページと直結しており、また代表的なレビュー内容をしれっと表示していたりもするので、相当に鉄の精神を持ってないと目に入っちゃいます、読んじゃいます。で、翻弄されて、本来書店ならすぐ買っていたものに何時間もウジウジ悩んじゃう事態に。

理由5. こぼしても壊れるから

私は行儀のよろしくない人間でして、ご飯やお菓子を食べながらでも本を読むタイプです。

よくこぼします。本に液体が飛び散ることは珍しいことではないです。

本なら汚れるだけで済みますが、電子書籍ならどうでしょう。そんなにすぐ壊れるほどヤワではないと思いますが、それでも精密機械、いつ壊れるかびくびくしなきゃいけなくて精神衛生上よろしくない。

おわりに

挙げた理由を振り返ってみると、くだらないように見えますが、私にとってはクリティカルです。

読書では、いかに集中・没頭できるかが肝であり、本を読む手段が邪魔者になることなど決してあってはなりません。私の性質では、電子書籍という手段は邪魔者になってしまう……。

もっともそこを越えるメリットがあれば話は別なのですが、特に無いんですよね。というわけで断念。

BOSE のヘッドホン QuietComfort35 を Windows10 で使用する

以前 Windows7 と格闘した時はペアリングができずに挫折しちゃいました が、今回 Windows10 で試してみたところ、なんとかペアリングできました。

  • ペアリング手順 その1
  • ペアリング手順 その2
  • ペアリング手順 その3
  • 所感
  • おわりに
続きを読む

新入生・新社会人の季節は葛藤の季節

4月というと、新人がドバァッと増えて公共交通機関が乱れる季節ですよね。

この時期は、同時に葛藤でもあります。

目の保養

しんいちねんせい。

JC。まだ制服が板についてなくて、初心な可愛さがありますよね。しかし身体のボリュームはまだまだです。

JK。JC から大きな成長を遂げ、制服が似合ってきました。身体のボリュームも最適で、まさしく保養にうってつけです。が、会話内容はまだまだ子どもです。

JD。私服に変わるだけこうも垢抜けた印象になるのですね。おじさんは毎年ドキドキしています。制服よりも身体のラインが見えやすい事が多いので、とても捗っています。

新社会人。JCの再来とでもいいましょうか、リクルートスーツは就活生みたく未熟を想起させます。が、身体はいっぱしで、主張の激しい子も珍しくありません。同僚や上司が羨ましいです。

このように、しんいちねんせいは目の保養として貴重なのです。しかも4月上旬は、学校や会社のスケジュールががっつり組まれていることが多いため、毎日見かけます。毎日、大量の、目の保養。よりどりみどりのパラダイス。

通勤が楽しいです。

混雑と遅延

しかし良いことばかりじゃありません。悪いこともあります。

乗客が多すぎるんですよ。

満員がデフォルトですし、そのせい遅延するし、でろくなことがありません。多少遠くとも自転車を使いたくなっちゃいます。

私は神経質な性格なので、こういうの我慢するのが苦手なんですよね。いやさすがに人並に耐えはしますけど、ストレスが溜まるんです。本当なら避けたい。満員電車20分と自転車1時間なら、高確率で後者を選びますよ。

葛藤

でもね、満員電車も、悪いことばかりじゃないんです。

しんいちねんせいと押しくらまんじゅうできることがあるんです。

女体はデリヘルで散々満喫していますが、それでも興奮しちゃう私がいます。

よくラノベで「女の子のカラダってこんなに柔らかいんだ……」的な描写がありますが、あれって本当なんですね。やわっこいんですよ。筋肉質な男子とは明らかに違いますし、運動してない男子や太った男子とも違います。女子の感触、と言えばいいんですかね。たぶん目隠しされても性別当てますよってくらい。

他にも、状況によりけりですが、色んなお楽しみがあります。

  • 至近距離で横顔が見える
  • 至近距離でつむじが見える、何なら匂いも
  • 至近距離でおっぱいが見える
  • 尻を押し付けられている

何がでるかな。入るまでわからない、満員電車の楽しさですね。

……もちろん、毎回当たるはずもなく。至近距離でハゲ頭(何なら臭いも)とか、おっさんのお尻が押し付けられているとかもありましたね。とほほ。

さてと

明日は、明後日は、どっちを選ぼうかなぁ。

間もなくこの時期が過ぎること考えれば毎日が良いんでしょうが、ゆったり通勤したいのも本心ですし。んー、迷いますねぇ。

みんな休日何してんの?

昔からずっと疑問だったのが みんな休日は何してんだろ? ってことです。

私の場合

私はほぼ何かしらの趣味をしています。

  • ブログ
  • キックボード、サイクリング
  • ラノベ、マンガを読む
  • TVゲーム、音ゲー
  • プログラミング
  • 小説執筆
  • パソコンや各種ソフトウェアのカスタマイズ、メンテナンス

などなど消費系、運動系から創作系まで網羅しています。

朝起きてから、夜寝るまで、これらをひたすら回します。朝は頭が働くので創作系、昼は運動を入れて、あとは消費系メインにしつつたまに創作って感じでしょうか。

今でこそだらけていますが、数年前までは勉強と鍛錬も加わっていて、技術書を読んだり資格の勉強したり筋トレしたりしてました。

よく「暇なんだね」「どうせ暇だろ」などと言われたものですが、断じて違います。暇なんてありませんよ。たとえば小説執筆一つを例にしても、一生かかっても遊びきれないほど奥が深いというのに。つか創作ってそういう世界でしょう?いやスポーツもか。とにかく、暇なんてないですよ?

誰もが多趣味じゃない

誰もが私みたいに多趣味に生きているかというと、そうではないようです。

「多趣味」という言葉がわざわざあるくらいですから、多趣味は少数派なんでしょうね。実際、私は高校でも、大学でも、アルバイトでも、会社でも「色々やってるね」「ストイックだね」といった感じで、物珍しい人間として扱われていました。

じゃあみんなは何してんの?

ますます疑問が膨らみます。

じゃあ多趣味でもない人たちは 一体どうやって一日を回しておられるのですか?

趣味以外で何で回すんだろ。ケーシィみたいにたくさん寝る?だらだらとテレビ見る?それとも何もしないでぼーっと?……うん、わかりません。

というわけで、身近な人間をちょこっと調べてみました。

Case1: 姉妹

最も身近な枠として姉妹。二人ともいわゆるリア充に属するタイプですかね。

週五は仕事が忙しいもよう。短針が一周以上しないと家に帰ってこないのが普通です。睡眠時間も短く、六時間を切っていますね。ふと部屋を覗いた時は、テレビマンガスマホ音楽のいずれかをしていますね。

貴重な休日は、逆に睡眠時間が多いです。九時間以上寝てますね。で、起きた後は、しっかりおめかして(一時間以上かかる時もある!)出かけてます。夜まで帰ってこないので、がっつり遊んでいるんでしょうかね。

たまーに、最初からどこにも出かけず、だらだら過ごすこともあります。ツタヤで借りてきたドラマと、あと録画番組を消化してるようでした。

Case2: 会社の先輩

続いて会社枠として、A先輩。

平日は基本的に会社にいます。典型的な社畜さんで、たぶん 21:00 くらいが定時です。

休日はというと、Facebook によると家族サービスに勤しんでいるもよう。毎週のように何処かに出かけていますね。キラキラと楽しそうですが、楽しいのは子どもであって、A先輩自身はお疲れのご様子。月曜日とか明らかにげんなりしてますもんね。

Case3: スポーツマン

私は一時期、とあるスポーツ(マイナーで身バレするので名前は伏せます)のコミュニティに通っていたことがあります。Case3 は、そこにいたプレイヤーBさん。

Bさんはいわゆる「ガチ勢」で、プロを目指しています。フリーターで、週五は定時間くらい働いていますが、その後は練習。毎日夜遅くまで頑張っているようです。

休日でも基本的に練習です。ただしコミュニティに貢献するため、指導側に回ることも多いです。どうやったら普及できるか、とかも考えて実践しているようで、まさにガチですね。

Case4: デリヘル(出稼ぎ勢)

たまに遊ぶデリヘルの女の子たち(出稼ぎ勢)にも訊いてみました。

  • 1日12時間以上は勤務
  • 生活は寮(マンスリーマンションやアパートなど)
  • 帰ったら寝るだけの生活
  • 職業柄、おめかしには時間かかる

という感じで、忙しそうです。口を揃えて言うのは「観光する暇なんてない」でしたね。

Case まとめ

色んな過ごし方があるんだなぁと痛感しました。

おわりに

みなさんは休日をどう過ごされていますか?